« 映画 「バットマン ビギニング」 | Main | 映画 「宇宙戦争」 Part 2 »

07/02/2005

映画 「宇宙戦争」

怖い。

どんなホラー映画より怖い。 何度口を閉じても開いてしまった。 宇宙人か宇宙船か何か出てくるのわかってるのに、度肝を抜く。 そしてそれがリアル。 一瞬にして架空の物語に引き込まれた。 SFやホラーを見なれている私でも心臓ドキドキ。

スピルバーグは驚かせる天才だ。 そして想像力。 子供の頃はイタズラの天才だったに違いない。 人が何と言おうとすごい監督だと思っている。
スピルバーグの映画にはいつもどこかにメッセージを感じるがこの映画では特に無意識な部分に飛び込んでくる感じがした。 強いメッセージだ。 地球の上で戦争なんかやってる場合じゃないよって感じる。 原作があるからって、それを今映画化することに意味があると思う。 そして世界的に弱くなってるだろう父親の存在。

子供の目線、父親のトム・クルーズの目線、観客の目線、スピードと集中が途切れない。
『ET』で頭に焼き付いているのはやっぱり目線だった。 ラストで警察官のベルトにぶら下がっていた鍵か何か。 最後まで顔を見せずにETの目線のまま好意的な台詞が入ってた。 あの警察官役は確かピーター・コヨーテだったと思う。 最近は悪役が多いけど好きな俳優だ。

トム・クルーズのダメな父親振りがよかった。 学もない子守歌も知らないが子供に愛はあるよ。 役作りのために正体隠してクレーン操車の仕事したそう。 バレたらしいが・・・
とにかく怖い。 でもまた観たい。

携帯から

|

« 映画 「バットマン ビギニング」 | Main | 映画 「宇宙戦争」 Part 2 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 映画 「宇宙戦争」:

» 宇宙戦争 [あ~るの日記@ココログ]
スティーブン・スピルバーグ監督×トム・クルーズ主演の映画『宇宙戦争』を観た。この映画は、H・G・ウェルズ原作の1953年にジョージ・パルによって製作された同名映画のリメイクだ。前作は昔テレビで何度も観て、結構好きな映画だ。それを、最新の映像技術を駆使してどのように描くか興味深かったが、映像的には期待以上のできで満足した。非常にリアルで迫力ある映像の数々で、特撮が全然違和感がないのは流石としか言いようがない。しかも、宇宙人のマシン(トライポッド)も、原作のイメージ通りで"格好良い"。ミニチュアがあれば... [Read More]

Tracked on 07/03/2005 03:59 AM

» 俳優 [職業情報局]
俳優俳優(はいゆう)とは本来の自分とは別の役を演じる人。役者(やくしゃ)。通常はテレビ、映画、演劇などで、演出家の指導のもとに演技をする職業の人を言う。男優(だんゆう)は男性の俳優であり、おもに男性の役を演じる。同様に女優(じょゆう)は女性の俳優であり、おもに女性の役を演じる。男性の俳優が女性の役を...... [Read More]

Tracked on 07/05/2005 04:21 PM

« 映画 「バットマン ビギニング」 | Main | 映画 「宇宙戦争」 Part 2 »