« 韓国映画がいいなぁ、今 | Main | 読書タイムは入浴タイム »

08/08/2005

失恋したロバくん 映画 「ライフ・イズ・ミラクル」

最近観た映画で感動したものには動物が出ているものが多い。

「皇帝ペンギン」、「星になった少年」では象、ちょっと前の映画では「ラクダの涙」、「トゥー・ブラザーズ」の虎、「シービスケット」「オーシャン・オブ・ファイヤー」の馬、

感動という表現とは違うが、好きな「猫のミヌース」「ガーフィールド」の猫、「レイシング・ストライプス」のシマウマ等。

単に私が動物好きなだけだろうか?
何に心を動かされるのか?

動物界はシンプルだ。 

与えられたそれぞれの自然界の中で生まれて来た「意味」を全うして死んでゆく。 「意味」は生きて繁殖させるということだけに思える。 種の保存なんて人間がつけた説明だ。
彼らはただ命懸けで生きている。 

いとおしい、いじらしいというような、また尊敬にも似たなんとも言えない複雑な感情が湧いてくる。 動物界に一生懸命なんて言葉はないだろうな。当たり前のことだろうな。
いったん人間と心が通じると変わらぬ愛情を示してくれる。信頼の固まりだ。裏切るのは人間だけ。 教えられることばかり。

エミール・クリストリッツァ監督の「ライフ・イズ・ミラクル」は動物の使い方がすばらしかった。 人間と同等。
ラストでのロバくんにはつい拍手。 生きる喜びを与えてくれる。

                                 

携帯から

|

« 韓国映画がいいなぁ、今 | Main | 読書タイムは入浴タイム »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 失恋したロバくん 映画 「ライフ・イズ・ミラクル」:

« 韓国映画がいいなぁ、今 | Main | 読書タイムは入浴タイム »