« ペンギン歩き | Main | 映画 「シンデレラマン」 »

09/10/2005

曼珠沙華

西武新宿線の中吊り広告に高麗駅に日本一の曼珠沙華の里があるという。

巾着田(きんちゃくだ)という地名。 100万本の朱い花が大地を埋めつくすらしい。 心に焼き付いている好きな花だ。 名前の響き(まんじゅしゃげ)も字も好きなのだ。 だから興味はあるが群生はそんなに観たいとは思わない。 ラベンダーならば観に行きたいと思うが・・・。
子供の頃に預けられ育った母の実家の庭や近辺にも曼珠沙華が毎年咲いていた。 大好きなお羽黒とんぼ(お歯黒だとも聞いたが・・・)が飛んで来て朱い花に停まる。 (この場合の字は止まるかもしれないが、あえて花を駅に見立てよう) 

その赤と黒の色のコントラストが絶妙で見とれていたものだ。 私にとっては曼珠沙華は4〜5本がベター。 裏庭の茱(ぐみ)の木の下辺りに咲いていた。 玄関近くだったかなぁ? 幸運にも畑も含めるとかなり広い庭のある家で育った。 ちょっとした林や森のように四季折々の木々・植物に囲まれていた。 裏の畑は祖母が謡曲を教えながら余暇に耕していた。
お羽黒とんぼの羽の色は黒人ミュージシャンやダンサーの衣装にピッタリだ。 布のことは詳しくはわからないが、あの光沢感は黒い透けたオーガンジーで深緑色に光る織の布の感じ。玉虫色とはまた違う色合い。
自然とはなんてセンスがいいんだろうか!

曼珠沙華の花の色は死者の血を吸った色だと聞いた記憶もある。 彼岸花とも言う。

                             

携帯から

*今日の疑問 {日本にはなんでこんなにたくさん自動販売機があるんだろう?}

|

« ペンギン歩き | Main | 映画 「シンデレラマン」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 曼珠沙華:

« ペンギン歩き | Main | 映画 「シンデレラマン」 »