« 映画 「ジャマイカ 楽園の真実」 | Main | Hotな発表会でホッとした »

10/08/2005

映画 「A LETTER TO TRUE トゥルーへの手紙」

写真家ブルース・ウェバーが4匹の飼い犬の中で末っ子であるトゥルーに宛てて書いた手紙と題された映画。

日記またはエッセイ風な言葉と映像、彼の言葉を代弁させるかのように選曲された音楽、彼が心を動かされてきただろう事柄をパーソナルなアルバムのようにコラージュして作られている。 写真雑誌で見かける作品そのままの雰囲気。
とにかく犬が美しい。 そして表情がいい(もちろん猫も象も人間もよかった)。
多くのセレブリティや大物政治家たちが被写体として名乗りをあげているらしいが、納得できる。 映画が始まった瞬間から時が止まってブルース・ウェバーワールドだ。

私は言いたい! 「若者よ、この映画を観よ!」

昨今の映画のサントラにかなり疑問がある私はこの映画の選曲に大感動してしまった。(ヒップホップやロックだっていいものはいいが、映画のシーンに関係なかったりすることが多過ぎる) ジャズのスローバラードなどの極上な音楽がゆったりと流れる。 ドリス・デイ、エラ・フィッツジェラルド、ジョニ・ジェームス、ブロッサム・ディアリーの歌。セロニアス・モンクのピアノなど。

そしてマーティン・ルーサー・キング牧師の遺言のようなスピーチはまるで音楽そのものだ。 強い愛と平和のメッセージがメロディと共に、リズムと共にある。 いつ聴いても心揺さぶられ涙がこみあげてくる。

この映画はブルース・ウェバーの遺言であり過去へのオマージュでもあると思う。 9・11でいつ何がどこに起こるかわからない世の中に一変してしまった世界への・・・。 NYはトライベッカに自宅とオフィスがあった彼は事件が起きた時に旅先で飼い犬達の心配をした恐怖の体験からこの映画が生まれることになったという。 外出先で地震が起きるとすぐに飼い猫の心配をする私にはそれがよくわかる。

自分のできること、スタンスで平和や反戦を唱えるのが私にとって理想。 犬の首に「DOGS for PEACE」、猫の首に「CATS for PEACE」、それぞれの翻訳が「反戦犬の会」「反戦猫の会」、大笑いしてしまった。 飼い猫のYanYanには加入させたい。 同意するだろう。 

ラスト手前で流れる「Hello young lovers」はまさにブルースおじさんから若者たちへ贈る愛情に満ちた言葉だ。                                          

ドリス・デイが歌う「Life is just a bowl of cherries」の歌詞がすごく気に入った。 声はすぐにわかったが不覚にも今までこの曲の存在を知らなかった。 

ブロッサム・ディアリーもすぐにわかった。 「Manhattan」「Try your wings」改めていいなと思った。 NYで彼女の生のビアノ弾き語りを聞くチャンスがなかったのが心残りだったが、 残念ながらもう聞くことはできない。                                 

「I couldn't sleep a wink last night」はドリス・デイかな?と思ったらジョニ・ジェームスだとラストのテロップでわかった。 この曲もこの映画で初めて知った。 

どの曲も歌いたいなと思う。
観終わって歌いたくなったのは映画にはないが「Everything must change」。

諸行無常、それでも雲は雨をもたらせ太陽は空に輝き鳥はさえずり空を飛ぶ。

                                             

携帯から

*観たい映画に「レッツ・ゲッツ・ロスト」があるがブルース・ウェバーが監督したものだ。 大好きなチェット・ベイカーのドキュメンタリーでオスカーにもノミネートされた。

うぅぅ 観そびれたのだ。 レンタルビデオ屋にもなくて未だに観ていない。  どこかで上映して欲しい!

|

« 映画 「ジャマイカ 楽園の真実」 | Main | Hotな発表会でホッとした »

Comments

私もブルース・ウェバー大好きなのです。
「レッツ・ゲッツ・ロスト」はパリに住んでいた頃観ました。
彼の写真・映像は、男は男らしく、女は女らしく、動物は動物らしく、本当にそこにいるようなある種、異常なくらいの臨場感があるような気がします。
そしてプライベートな心情をさらけ出しているというか・・・。
最近、とても鬱なので、たまにしかコメントできませんが
また今度!

Posted by: swanmaki | 10/19/2005 at 01:41 AM

ずぇったい見ます!!

これは絶対見るよ。

このコラム見るだけで感動だわ。
すぐに観に行くわ。
明日とかに。

Posted by: もとこ | 10/08/2005 at 10:26 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109754/6301514

Listed below are links to weblogs that reference 映画 「A LETTER TO TRUE トゥルーへの手紙」:

» DOGS FOR PEACE(『トゥルーへの手紙』) [■□大学生活な私□■]
今朝駅前で盲導犬募金を観た。 今週は盲導犬週刊なのかも知れない。 と思った。 何分か私の盲導犬募金に対する考え方を考えた。 「目が見えない人が盲導犬を自分で買えばいいじゃん」 →「しかし盲導犬を育てるのにはお金がかかる(一匹数百万?だっけ?)」 →「しかも犬の寿命は十数年」 →「障害を持った方自身でお金を出すのは不可能」→ 「世の中のでこぼこをなくすのが人間の一つの仕事だと思うから、私は募金す... [Read More]

Tracked on 10/09/2005 at 08:13 PM

« 映画 「ジャマイカ 楽園の真実」 | Main | Hotな発表会でホッとした »