« October 2005 | Main | December 2005 »

November 2005

11/10/2005

映画 「ALWAYS 三丁目の夕日」と江ノ島の夕日

「暗くってだめだよ」というM子に無理やり頼んで撮ってもらった沈みかけた夕日。

七里ヶ浜もたぶん昔から名所で本格的にカメラ持参の人が多いしそれ以外にもみんな携帯持ってるから私を含めて即席カメラマンだらけ。 パシャパシャパチパチ賑わっていた。ひとりで見る夕日、ふたりで見る夕日、大勢で見る夕日の心に与える温度なんて考えてました。

翌日、バイト帰りに有楽町で『ALWAYS 三丁目の夕日』を観た。
誰もが懐かしいと感じるだろう映画。 ほのぼの、一家団欒、近所付き合い、助け合い、精神的なことだけでなく建設中の東京タワー、都電、冷蔵庫・テレビの登場、駄菓子屋、集団就職、昭和の家庭の様子や社会事情が再現されているのだ。 みんな夢を持って生きている様子が観る人にも伝わると思う。

昔は桜田通りにも都電が通っていたのだ。 東京タワー横の東京プリンスホテルでピアノを弾いていた母は都電で通っていた。 すっかり忘れていたが蘇ってきて懐かしくうれしかった。 

氷屋さんが来て氷を冷蔵庫に入れるシーンがあり、その後に電気冷蔵庫が登場し、その届いた様子を氷屋さんが寂しそうに見つめていたのが印象的だった。 そういえばあの氷屋さんどこかで見たような気がしていたが、今ふとピエール瀧じゃないかしらんと思った。

西岸良平のコミック『三丁目の夕日』が原作。 『鎌倉物語』が好きで全部読みたいなと思っていたらまた読みたいものが増えてしまった。 原作と違うところもあるけれど許せる範囲でした。 セピア色の写真の中にしかなかった記憶を観る人みんなカラーで蘇らせることができ、昭和30年代どこにも存在しなかった人達も心が暖かくなると思う。
こんな映画が丁寧に作られていることがうれしい。 日本の映画界あきらめないで観に行こう!

携帯から051104_1620.jpg
051104_1628.jpg

七里ヶ浜 11/4撮影

| | Comments (1) | TrackBack (3)

七里ヶ浜のカメラウーマン

江ノ島の横に現れた夕日を撮るM子と後ろ姿。 11/4撮影
携帯から051104_1619.jpg
051104_1629.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11月スケジュール訂正しました

11月21日のLIVEは「なってるハウス」です。 ごめんなさい。

「新宿ピットイン」は同じメンバーで12月12日です。 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/04/2005

江ノ電でCDジャケロケ駅から撮り返し

携帯から051104_1334.jpg 

私は駅のベンチに座っている。 M子は線路を渡ってこちらにカメラを向けている。 車が途切れたところを見計らって携帯のカメラで撮影した。 駅のベンチの壁を隔てて後ろは墓地になっていて、駅と墓地(共同墓地)はなんとつながっているのだ。 看板には「通り抜けはできません」と書いてあるが・・・。 黄色いラインは駅のフォームのもの。 海と空の色と波の変化を見ていると1日いても飽きない私の大好きな場所である。

                                                  

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2005 | Main | December 2005 »