« November 2005 | Main | January 2006 »

December 2005

12/31/2005

大晦日のひとり言

普段は土日も祝日も変わりなくシフトで出勤しているけれど、6日間連休である。  学校が1日、レッスンが1日あったけれど夕方まではゆっくり時間が空いている。 大掃除を始めるがゴミをうまく捨てられない。 ベランダがないしどこにも置けないのだ。 出窓ってだめねと今頃気づく。 消防署からのお達しだとかで玄関の外に出すこともできない。 大家さんから丸見えだもの。 ゴミ捨て場に出させて欲しいです。

年末のゴミ収集はギリギリまでやって欲しい!

そんなわけで片付かないままの部屋で居心地よくない・・・かというとそうでもなくYanYanとゆっくり過ごせてリラックスできてます。 新年のゴミの日に向けてなんとかやってみようとは思ってますが、天袋が欲しい! 狭い!  捨てるしかないのです。 あぁエコストレス。  

休みになって映画三昧だと思われている私だが、ぜんぜん行こうとしていない。 明日はもし映画の日有効ならば行こうかな? 忙しい時に空いた時間に観るのが快感かもしれない。 放課後のクラブ活動感覚なのだ。 それにお正月映画って感じの「キング・コング」は観ちゃったし・・・・ 何本か観たいものはあるけれど、混んでるかなぁ。

話題になっているスウェーデン映画は特別鑑賞券が売り切れていた。 まず特別鑑賞券探しか、レディースデイを狙うので後回し。 買ってあるのはボブ・ディランのドキュメンタリー映画。 夏にも「ボブ・ディランの頭の中」っての観たけれどなんだか最近気になる人。 ラジオで聞いた話だけれど、ディランがラジオのDJを始めたらしい。 聞きたい! 「ボブ・ディランの頭の中」のラストにディランのナレーションがあったのだけれど、重要なことを言っていた気がする。 覚えてないんだけど((笑) 字幕は覚えられないよ。 DVDを待って確認します。  

がっかりしたのは、早稲田松竹で上映した「永遠のハバナ」、ラストシーンを観に行ったのにそのラストシーンがカットされていた!  あり得ないくらいずっと長くハバナの海岸を、というより外から観たキューバの情景と波の音なのだ。 あれは重要なシーンだと思う。 私が監督だったら怒ります。 あれはお金を返してもらいたくなる。 1回観てるのに観に行ってるんです!   しかも同時上映の「モーターサイクルダイアリーズ」もところどころでカットされていた。 営業時間内に2本上映するためなのでしょうか?  早稲田松竹にはあまり行きたくなくなりました。 

お気に入りの名画座とミニシアター系に行こうかなぁと思ったりしている。

今夜はこれからオールナイトセッションに行くのです。 仕事です。 もう20年くらいずっと大晦日はアケタの店のオールナイトセッションで新年を迎えて来ました。 仕事の時もあり仕事の帰りに立ち寄ることもあり。  

もう1年経ったのかと思うのであります。     よいお年を!

戦争やテロ、国と国の諍い、鳥インフルエンザや悪い病気、貧富の差の広がり、子供や動物、弱い者の虐待、裏切りや犯罪の起こる状況、などなどなくなるように祈る心を忘れずに新しい年を迎えたいです。 

                               

| | Comments (0) | TrackBack (1)

12/24/2005

I wish your.....

Merry Christmas!

a0003174

http://shoomy.air-nifty.com/music/

http://shoomy.air-nifty.com/cat/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

12/16/2005

映画 「キング・コング」

すごい迫力。

恐竜との戦いシーンはこっちまで怖くて観ている体が緊張してこわばってしまったくらい。
世のお母さんがた、子供に悪いことするとキングコングが来るってセリフ使えます。 有楽町の大きなスクリーンだから? いや、どこでも迫力あると思う。

うぅ、せつない。 キングコングは男だなぁ。 優しい瞳。 アンはあのままあの島にいても幸せだなぁと思わせる。 そう思うのは私だけでしょうか?

NYはキングコングのイメージを月夜の貿易センターのツインタワーからエンパイアステートビルの朝焼けに塗り替えることができた。 癒し。 これでキングコングの話ができる。 それが狙いの製作なんではないだろうか?

                                       

携帯から

*身を乗り出します。こわばって肩こります。
隣の男性は、なんと泣いてました!
ナオミ・ワッツの役柄、なかなかいいです。
か弱くないのがいい。  12/17

実は、エンパイアステートビルからの朝陽のシーンでは涙でました。  12/20 

*記事訂正しました。                                         思い出してみると夕陽のシーンは島で、NYは朝陽だったのでした。  12/22 

| | Comments (0) | TrackBack (21)

12/13/2005

12/17(土) 浅草・合羽橋『なってるハウス』LIVE

【SHOOMY  BAND】

[MEMBERS]
Akemi "Shoomy"Taku(P,Vo) Takayuki Kato(G) Katsumasa Kamimura(EB) Masayuki Higuchi(Ds)

Shoomy’s songs are incomparably unique.  Without being into any heavy emotional move or over-sentiment, she sings songs lightly with a rather dry voice but still makes the songs feel soulful and bluesy.  Her style is not just a singing-along with the accompaniment, and has a strong standpoint which is equal to any other member of the band and is always trying to express her own identity.

-- from liner notes of Kazuo Nakamura on CD "SOL"

Knuttel House (Asakusa:Kappabashi)Tel:03-3847-2113

http://members.jcom.home.ne.jp/knuttelhouse/

OPEN19:30~/LIVE START20:00~  
MUSIC CHARGE\2000~

12/17(土) 浅草・合羽橋『なってるハウス』 

SHOOMY BAND       オリジナル~Jazz~Brazilian

宅 朱美(P・Vo) 加藤崇之(G)上村勝正(EB) 樋口晶之(Dr)

KnuttelHouse
TEL:03ー3847ー2113

| | Comments (1) | TrackBack (0)

12/05/2005

12/12 FIS @新宿ピットイン 

12/12(月) 「新宿ピットイン」   加藤崇之インプロセッション 

FIS  

加藤崇之(G) 
松本健一(Ts) 
宅 朱美(P・voice) 
永塚博之(B) 
山崎比呂志(Dr) 

TEL:03-3354-2024

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『夢Duo』

12/3 Midnight Live @AKETA no Mise

http://www11.ocn.ne.jp/~photorec/live_035.htm

風邪がなかなかぬけないので声がかすれハスキーになっていた。 歌うと身体にいい。 最近太ったのはホテルやJazzバーの仕事がなくなってあまり歌わなくなったからかもしれない。 歌うのもピアノを弾くのもエネルギーいるからいい運動になっていたわけだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

12/03/2005

12/3『夢Duo』ミッドナイト LIVE @アケタの店

12/3(土)西荻窪「アケタの店」 夢Duo
深夜0:00〜

宅 朱美(Vo)加藤崇之(G)

アケタの店
03ー3395ー9507
チャージ1,000円1ドリンク付

| | Comments (1) | TrackBack (0)

« November 2005 | Main | January 2006 »