« 紫のあとには桜 | Main | 映画 「ヒストリー・オブ・バイオレンス」 »

03/24/2006

シューミン暁を覚えず

こないだ、ちょっと用事があって八王子に向かう電車に乗っていた。  踏切で車が立ち往生してしまったとかで電車が止まってしまい、大切な約束のある私は遅れないかいつになったら動くのかとハラハラ。 運転再開とアナウンスがありホッとしたのもつかの間、人がまだ踏切から離れないとかでまたまた動かず。 うぅん、胃に悪い。 いったい何が起こったんだろうか? エンストかな?

近頃、電車はこの手の事故が多い。 一昨日は乗換えの高田馬場駅では地下鉄の飯田橋駅だかどこかで故障なのか止まって振替輸送になっていた。 振替券を受け取るようアナウンスしていたが改札口に近寄れないほど人があふれていたのですぐにあきらめて新宿周り山手線に乗換えた。 ロスを取り戻そうと選んだ中央線がなんと四谷辺りで止まってしまった。 御茶の水辺りの線路を人が歩いているからというアナウンス。 なんで? その人が保護されるまで乗客は朝のラッシュに20分くらい電車の中に閉じ込められていたのだ。 (反対方向の山手線に乗っていれば池袋周り乗換えなし一本でギリギリ間に合っていたのにな)
昔は事故なんてあまりなかったように思う。 特に人身事故が増えたし車両故障も多い。 

昼間はポカポカだ。 八王子に行った日、奈良県や石川県で大雪降ったというのが嘘のようだった。 三寒四温と言うが、十寒二温だったりして週替りな感じだ。 暖房とパソコンからの熱でオフィス内では夏のように暑い日もあり扇風機を回したりする。 昼休みにご飯食べると午後の業務で猛烈な眠気に襲われて困る。 

朝は布団から離れがたい。 布団の中が一年中で一番気持ちいい時期だ。 起きたくないのを無理やり起きる。 だからバイトが休みの朝はまるで天国の雲の中。

今日は、お昼近くに起き出して上石神井の友人宅に遊び行って来た。 2階建てで4部屋あり庭や車庫まで付いてるのに家賃が安くてびっくり。 目の前にキャベツ畑が広がり、空を見るのにさえぎる物がない。 富士山も見えるそうだ。 M子とSのふたりはまたあの窓にゴーヤの葉のカーテンをつけるのだろうな。 涼しくておいしくて身体にいいカーテンだ。 カンタというオス猫がいるがM子にべったり。 折れていたからと生けてあった桜の枝をかじろうとしてたしなめられていた。 聞くのを忘れたがたぶん井の頭公園なんだろうな。

明日の朝もゆっくり雲の中。

060324_142549.jpg カンタ・ブラジル

携帯から

|

« 紫のあとには桜 | Main | 映画 「ヒストリー・オブ・バイオレンス」 »

Comments

おっ。男前にうつってる。

桜は、井の頭のではなく近所の(裏のほう)桜。

今日でずいぶん開花したね。

マザコン猫母

Posted by: motoko | 03/25/2006 at 06:31 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109754/9242596

Listed below are links to weblogs that reference シューミン暁を覚えず:

« 紫のあとには桜 | Main | 映画 「ヒストリー・オブ・バイオレンス」 »