« 踏切にて | Main | 4/23(日) FIS @新宿ピットイン »

04/23/2006

野兎? そしてゆったりな空気

昨日は八王子の学校だった。 9時半からの授業なのでその準備もあり、いつものバイトと変わらず朝が早い。 

最寄駅から中央線までバスで出て八王子で乗換えると面倒ではあるが、なんだか気分はゆったりしている。 土曜だからだろうか? どうやら乗った電車が高尾行きでないと国分寺や立川で乗換えがあるらしい。 昨日は豊田止り電車で隣のフォームに来た青梅線休日用の奥多摩行きに乗ってしまいあわてた。 次の立川で高尾行きに乗換えて軌道修正したが、電車にハイキングに行くのだろうリュックをかかえた人達が乗っていて、心は一瞬奥多摩へ飛んだ。 私も毎日リュックを持ち歩いているが、山歩きに行く人達の雰囲気はなんだか違うのだ。 野球やバレーボールなどのスポーツチームが集団で乗って来た時と同じ雰囲気。 乗り間違えたが奥多摩までノンストップということもなく、なんだかいい気分になれた。

最寄駅からスクールバスに乗っていて、ふと外を見たらふわふわのグレー猫が歩いているのが見えた。 でも歩き方が少し違う。 うぅん、小型犬かなと思ったが連れている飼い主が見当たらない。 そしてやっぱり歩き方が少し違う。 どうしてもウサギに見えてきたところで、前の方の座席から「キャー ウサギー えーっ 野生ぃー キャー ピー 轢かれないー?」と女子学生達が私の代わりに叫んでくれた。 学校の近くのラブホテルの前で(何でこんなとこにあるんだ!)、飼われてるところからの散歩でもないような気がした。 ウサギ飼ってる人で散歩させるなんて聞いたことないし、売ってるウサギでは見たことないグレー毛並みだった。 飛び降りて見に行きたい気持ちをこらえて乗っていた。 これまたいい気分になった。 

そして学校に着くと、広々としていて遠くの山々が見渡せて、身体中にゆったりした空気が入っていくのがわかる。 五月の土曜は父母会やらなんやらでつぶれる日が多く、なんと授業は1日しかないのだ。 朝早い授業は午後に比べて出席率が低く、これから七月だという試験に向けてコーラスをやるとして(ソルフェージュだけでは生徒が飽きるから)、細かくグループ分けは無理だなと悟る。 誰が休んでもできる授業にしなければならない。 

ふぅ しかし授業中の無駄話の凄さ。 1回の注意ではすまないのだ。 昔では考えられない! 私は保母さんかなと思うくらいだが、大声は出さない主義。 聞くように仕向ける方が効果的。 中には思い余ってか「サンハイ!」なんて音頭を取ってくれる生徒がいたりする。 五線譜忘れたりする生徒に学校から出すか? No、担任の先生曰く、「忘れたら授業が受けられないんだよ」って当然のことをわからせるために、渡してしまうと忘れても補ってくれると思ってしまうからなのだった。 ごもっとも!
うぅむ、ウチのYanYanの躾と同じではないか。

野兎? そしてゆったりな空気

これが大学側本館。 香港のビルのように鏡のように周りの景色が映る。 空が映るから私は好きだ。 たぶん風水からきていると思う。

野兎? そしてゆったりな空気

研究棟という建物で、教員室はここにある。 まず初めに教員室に立ち寄り自分の出席のサインと生徒の出席簿を取りに行く。 ここも鏡効果のガラス張りと広さで、噴水やオブジェはNYのビル街を思い出す。

野兎? そしてゆったりな空気

授業するスタジオの下はグラウンド。 サッカーの練習をしていた。 窓の外って大好きだ。 左奥にはサークルルームが並んでいるが、朝からバンド練習の音が聞こえる。 昼休みに食堂へは出かけずにスタジオに残り、持参したミルクティーとパンを食べて、ひとりで練習などをしながら外を眺めていた。(胃の調子が悪く食べられないのだ)

野兎? そしてゆったりな空気

授業を終えて教員室へ戻る途中、観覧席を通る。 ここからの遠くまで見渡せる眺めも好きだ。 グラウンドの緑も空の青さも遠くを見るといことも、普段パソコン凝視している目の疲れには薬だ。 この辺にウサギが野兎がいてもおかしくないなと思った。 西荻に野生の狸がいるくらいだし。 ドリームワークスの「森のリトル・ギャング」というアニメ映画が夏休みに来るが、観にいく気になってきた。 

学校は夏休みに授業がなくなってしまうが、残念だなぁ。 来たいなぁ。

                                                  

携帯から

                                                     

|

« 踏切にて | Main | 4/23(日) FIS @新宿ピットイン »

Comments

実は学校の近くに両親(母と養父)のお墓があるから、なおさら気分いいんだよね。
”うさぎ追いしかの山~”だね、もうどこにも故郷がないからふるさと気分にひたれるかも。

富士山はまだ見えてない。

両親と住んでた高輪台辺り(昔の白金猿町で島津山)では、窓から富士山見て育ったよ。
八王子ならもっと大きく見えるね。 
学校から見えるかみんなに聞いてみよう。

Posted by: Shoomy | 04/25/2006 at 12:56 AM

いいねぇ。
八王子だったらタヌキと遭遇するかもね。

八王子に行く時って、よく富士山を電車から見るよ。晴れているとばっちり見える。

Posted by: motoko | 04/24/2006 at 03:03 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109754/9724352

Listed below are links to weblogs that reference 野兎? そしてゆったりな空気:

« 踏切にて | Main | 4/23(日) FIS @新宿ピットイン »