« エントランス花壇の花たち | Main | 昨夜の蕾咲きました »

04/01/2006

四月馬鹿 渋さ知らズオーケストラ@新宿ピットイン

今日はこれから「渋さ」に行く。

いやぁ およそ10年振りの出演だ。  総勢30人くらいの、時には40人くらいになるビッグバンド。 サン・ラ・オーケストラみたいな摩訶不思議さ、グロテスク寸前の表現者、爆弾男、白塗りの舞踏家、昔は3人だった二人のダンサー(「乳房知らズ」と今でも名がついてるのかしらん?)、仮想舞踏会かコスプレ軍団かというようなステージもあった。 

私はいつも黒メガネで(昔はライブでもどこでも家にいる時と弾き語りのお仕事以外では黒メガネだったから仮装してない)、アングラ劇団からの踊り子たち、などなどものすごいパワーが渦巻いていた。 オルガンが渋谷毅さんで私のシンセサイザのツインキーボードだった。 長年の間にいろんなジャズメンが「渋さ」体験している。 大音量で2、3日耳が遠くなる。 大きな音の中で見える聞こえるものがある。 実は内緒だが実験もできる のだ。

昨年末、SHOOMY BAND のCD「requiem」のジャケットなどの打ち合わせで、地底レコード社長の吉田さんとの待ち合わせ場所にギターの加藤と行ったら吉祥寺のエスニックな居酒屋だった。 今年になってエーベックスから出た「渋さ」のベストCD「渋全」の打ち上げをやってるとこだった(私が「皇帝」として歌っている加藤の曲がたぶん「校庭」として入っている)。 だから不破くんがいた(渋さリーダーでダンドリストの不破大輔)。 久しぶり~なんて話ながらいつのまにか四月馬鹿に出演が決まった。 

シンセ持って行ったらエイプリル・フールなんてこたぁないだろうねぇ?

P.S.四月馬鹿

携帯から

|

« エントランス花壇の花たち | Main | 昨夜の蕾咲きました »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 四月馬鹿 渋さ知らズオーケストラ@新宿ピットイン:

« エントランス花壇の花たち | Main | 昨夜の蕾咲きました »