« Shoomy 9月 Live スケジュール | Main | チンチン電車に乗っている »

09/07/2006

つゆ草

「梅雨草」か「露草」かと毎年考えて「つゆ草」と書く。

前にも書いたような気がするが、母の好きな花だった。 東五反田のマンションのベランダで毎年たくさん咲かせていた。 雑草に見られかねないつゆ草がこんもり青い水玉に咲いているのが好きだった。 紫陽花、シャガ(祖母が福岡から根っこごと持って来たのだが多年草なんだろう、ずっと咲いていた気がする)、朝顔、夕顔…何個咲いたかと記録などしていた。

昨日、すぐ近くの教会の階段脇にひとつ咲いていた。 小さな花でも一輪と言うのだろうか?
買い物に行っても重くなると腰に響く。 鍼は効いて回復は早いが、まだびっこひいて歩いている。 晩年、母が身体をぶつけて痛がっていたが、こんなふうに痛いなんてわかってあげなかったなぁと少し反省していたら、目の前にひょいと現れたつゆ草、私には母からのメッセージに思えた。

あけみ、一息つきなさい

つゆ草

携帯から

                                                                                                         

|

« Shoomy 9月 Live スケジュール | Main | チンチン電車に乗っている »

Comments

今、うちにもツユクサがひっそり咲いている。

子どもの頃、ツユクサの花びらをむしって、指でネチャネチャこねていたらきれいな色が出てきた。

きれいだなって、つんで家に飾るとすぐにしおれちゃうんだよね。
すごく儚い花のイメージ。

Posted by: motoko | 09/12/2006 at 11:05 AM

ツユクサを見ると、夏休みのラジオ体操を思い出すんですよ。
♪あたらし〜い〜あ〜さがきた きぼ〜うのあさ〜だ♪
という歌で始まるアレです。
ラジオ体操の広場には、ツユクサがたくさん咲いていました。

だから、あれから40年近く経った今でも、ツユクサをみるたびに心の中で「おはよう!」なんて挨拶しています。

Posted by: yann | 09/07/2006 at 12:13 PM

母や家族はね、泣ける。無償で尽くしてくれる。
でも遠慮がなく子供になって、機嫌悪いときは仏頂面で過ごしたり文句言ったりもする、娘。

花を見てお母さんを思い出すって、ほんわりした気持ちになりました。

八戸の朝顔の間につゆ草も咲いていました。ちょこんと顔をのぞかせてた。

つゆ草はね、トンボに食べさせるとむしゃむしゃ食べた。それと染色に使ったという薄い記憶が・・・

Posted by: namiko | 09/07/2006 at 11:17 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109754/11792431

Listed below are links to weblogs that reference つゆ草:

« Shoomy 9月 Live スケジュール | Main | チンチン電車に乗っている »