« December 2006 | Main | February 2007 »

January 2007

01/31/2007

緑をまとった美術館

昨年6月、パリに開館したばかりのプリミティブアートの美術館、シラク大統領が切望してできたという「ケ・ブランリー美術館」

美術館の壁面には熱帯雨林を専門とする植物学者パトリック・ブラン氏によって選び抜かれたというスミレ、アジサイ、アヤメ、エニシダ、ススキなど無数の植物がびっしり植えられているそうだ。 植物が柔らかい苔をクッションとして生え美術館の窓を縁取っている。 この写真を見てパリに飛んで行きたくなった。

「パリをジャングルに変えた緑の男」という見出しの記事によると、ブラウン氏はなぜ人間は水平面に植えるだけで満足できるのか? 植物はそんなに凡庸なものではないと語っているとか。 熱帯雨林の植物のうち多くは岸壁や木の幹に根を張って育つんだからと。

20年前からパリ郊外の自宅を実験台に簡素で低コストなシステムを完成させた。花屋が花瓶の中で植物を支えるのに使っている化繊のフェルト生地に窒素化合物やカリウムなど栄養液を水に含ませる。 水や栄養液はタイマーで管理され水やりの必要がなく底には水を回収する水槽があり溜まった水をリサイクルする。

この建物自体がインスタレーションとなっている。 この美術館が好評でパリでは次々に垂直式庭園が造られているそうだ。
用いられる植物はユキヤナギ、レンギョウ、ヤマブキ、ウツギ、スゲ、シダなど様々だが、不思議なことにツタ系は使用されないのだそう。繁殖力が強くて管理するのが大変らしい。手入れは年2回の刈り込みだけで、約30年は持つというから驚く。メンテナンスが行き届いていて雑草が生える場所なんて見つけられないくらいだそう。

失われゆく熱帯雨林を守るのはもちろんだが、都会のピルにその緑を持ってこれないかと考えて、ビルには蔦を這わせればいいのになずっと思っていた。 でも枯れると汚いかなぁ? とも考えた。 ビルの壁に食い込んで這って建物の強化になるんではないか? 根が張り過ぎてビルが崩壊させるだろうか? などと考えたりしていた。 覆われた建物を想像すると夏涼しく冬は暖かそうだ。 冷暖房の省エネになりそうだし、植物の光合成で都会の空気もきれいになるかもなんて科学的根拠などなしに思い巡らしていた。

観葉植物は常に緑を楽しませてくれるけれど、水やり・植え替えなど手がかかり怠ると枯らせてしまう。 管理してくれるシステムだなんて、すごい発明だなぁ。 東京砂漠もこれで緑化できないかしらん?
一度、こんな建物に住んでみたい。

        緑をまとった美術館 気持ちよさそう!

        緑をまとった美術館
携帯から 写真:クーリエ・ジャポン、27号1月4日、18日合併号より

携帯から

                                                     

| | Comments (1) | TrackBack (0)

01/30/2007

2/14(水) SHOOMY BAND LIVE @ 新宿ピットイン

2/14(水) 『新宿ピットイン』  

”SHOOMY BAND”    

宅 "Shoomy"朱美 (Vo・P) 加藤崇之(G) 是安則克(B) 樋口晶之(Dr)
ゲスト:松風鉱一(Sax・Fl)

2/14(水) SHOOMY BAND  LIVE @ 新宿ピットイン

2/14(水) SHOOMY BAND  LIVE @ 新宿ピットイン

                                                                                                
新宿ピットイン Tel:03−3354−2024

                                                                                                      

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/29/2007

1/29(月) SHOOMY BAND LIVE @ アケタの店

1/29(月)西荻窪 『AKETAの店』  

                                                                                                                                    

”SHOOMY BAND”    

宅 "Shoomy"朱美 (Vo・P) 加藤崇之(G) 是安則克(B) 樋口晶之(Dr)

                                           

アケタの店 Tel:03−3395−9507

                                            

        1/29(月) SHOOMY BAND  LIVE @ アケタの店

                                                                                              

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/24/2007

1/24(水)本日! SHOOMY BAND with大徳俊幸 LIVE @ なってるハウス

1/24(水) 『入谷・浅草合羽橋 なってるハウス』  

                                                            

”SHOOMY BAND” 

                                             

宅 "Shoomy"朱美 (Vo・voice) 加藤崇之(G) 是安則克(B) 樋口晶之(Dr)
スペシャルゲスト:大徳俊幸(P)

                                            

なってるハウス Tel:03−3847−2113

1/24(水)本日! SHOOMY BAND with大徳俊幸 LIVE @ なってるハウス

                                                 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/21/2007

映画「不都合な真実」を観て下さい!

1週間前に観たドイツ映画 「みえない雲」 で心を揺さぶられたばかりなのに、またしても心に響いた映画がある。

昨日から六本木で上映が始まってバイト帰りに寄ろうかと思っていたが、ふと「ぴあ」をのぞくと有楽町マリオンでも昨日から上映されているのがわかった。しかもどこでも見かけなかった特別観賞券を駅前買うことができたのだ。ラッキー!
「みえない雲」 は原発事故を通して被爆した女子高校生とボーイフレンドとの恋愛の行方が描かれ、原発反対メッセージが込められていた。

「不都合な真実」 はあの前代未聞の不正選挙で敗北した元アメリカ副大統領アル・ゴアのプレゼンテーション、環境問題による地球そして人類の危機を訴えたドキュメンタリー映画だ。スライドを駆使しての世界各地、主に米国内での講演内容そのままに新たに映像が加えられている。アル・ゴアのユーモアある語り口でひとつずつ事実を検証し分かりやすく説明していくゴアの言葉に、バイトで疲れていても眠くならずスクリーンに引き込まれていった。
今一番重要な作品だと思う。

最近観た映画、アフリカはタンザニアの湖に放たれ繁殖した魚ナイルパーチが引き起こした経済的現象・グローバリズムについてのドキュメンタリー「ダーウィンの悪夢」はあまりの悲惨さと問題提起だけで出口が見えず無力感が漂い、逃げたい気持ちからか異常な睡魔に襲われたが、「不都合な真実」はまだ間に合うと目を覚まさせ希望を与えられるのだ。一緒に頑張ろうというポジティブな呼びかけなのだ。人の心にしっかりと伝わるはずだ。
アル・ゴアは大統領選での敗北が打撃だったと語っていた。立ち直るのに時間もかかったようだ。

アル・ゴアの父親は農業や牛の飼育をしていた。姉が肺癌のひどい痛みで死んでしまったことから、その原因となったタバコを生産していたという痛恨の思いからタバコ栽培をやめてしまった。
小さかった息子の一命を取り止めた交通事故で大事なものを失うかもしれない危機に直面し、同じ経験をした人により救われ癒され心に変容があったという。地球を失うかもしれないという危機を感じ講演を再開した。
説明される数字や表で見ると現在すでに自然の摂理を超えてしまった状況なのだ。地球でさえ体験したことのない事態なのだ。地球は悲鳴をあげているに違いない。
地球が自身で浄化するとしたら? 火、風、そして水じゃないか?
人間の私だったらまず身体の汚れをはたいてシャワーを浴びるわけだし、なんて考えながら背筋が寒くなる。

続く

映画「不都合な真実」を観て下さい!

映画「不都合な真実」を観て下さい!

携帯から

                                                                                                          

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/15/2007

どこからの景色だろうか? 「東京絶景」 週間文春より

富士山と首都。 右下は新宿歌舞伎町だそう。 確かに都庁や見慣れたビルが見える。
富士山がこんなに大きく見えるなんて! 天気で冷たい空気の澄んだ日は1年に何日あるだろうか?

富士には副都心も似合う。

        どこからの景色だろうか? 「東京絶景」 週間文春より

        どこからの景色だろうか? 「東京絶景」 週間文春より

携帯から (週間文春1月18日新春特別号より)

                                             

| | Comments (0)

01/11/2007

プチ予知

私ってプチ予知能力あるみたい!?
去年あたり気づいた。 気のせいかも?

身近なことで気がついた。 あ~ やっぱり、ひらめいたとおりにやっとけばよかったとか、これやるともしかしたらこうになるんじゃないのか? なんて予想が当たることか多い。

牛丼屋で何故か中のテーブルの下にある雑巾がやたら気になる。 しばらくすると隣に味噌汁が近付いて来る。 (運ばれるというより近付くという感じに見える)  なんだかお椀と雑巾がまたまた気になる。 すると、お姉さんが味噌汁を倒しこぼれて隣の人はアッチッチと跳び逃げる。 そして雑巾が登場、てな感じ。
こぼれる前にうまくつかめるように観察しよう!

今日はメールするのに絵文字を何故か雪ダルマにしようとして、雪でも降ったりしてなんて思って、まさかねとブーツとかに変えた。 上井草はなんと雪がちらついた。 プチでしょ?

                                                                                                 

携帯から

                                                                                                 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/10/2007

一昨年撮っていた 浅草寺

携帯の写真フォルダを整理をしていたら、浅草寺の写真があった。 水に落とした前の携帯から救助してあった写真だ。

空の色合いと雲行きが不思議な日だったんだな。一昨年の1月だ。

        一昨年撮っていた 浅草寺

        一昨年撮っていた 浅草寺

        一昨年撮っていた 浅草寺

        一昨年撮っていた 浅草寺

                                                

携帯から

                                              

| | Comments (0) | TrackBack (0)

去年撮っていたシリーズ 通りの花

やっぱり目に入った花。

         去年撮っていたシリーズ  通りの花

        去年撮っていたシリーズ  通りの花

        去年撮っていたシリーズ  通りの花

        去年撮っていたシリーズ  通りの花

        去年撮っていたシリーズ  通りの花

                                         

携帯から

                                            

| | Comments (0)

さえずり館の鳥たち

バイト生活での私の憩いの場 (日比谷公園もですが・・・ちょっと歩く)、○ノ内さえずり館の原寸大の木製手作りの鳥たち。
目の不自由な方々に、触って鳥を知ってもらおうと作られているそうである。 すごい精巧! 生きてるみたいでも剥製とは違いふとよぎる怖さがない。
(作者名は今度控えてきて追記します)

コミックエッセイ 「とりぱん」(とりのなん子作) に出てくる野鳥が多く、許可を得て撮った。
ツグミの 「つぐみん」 に似てるなぁと思ったのはコジュケイで、アオゲラの 「ポンちゃん」 をを探したがアカゲラかも?  もう1種はコゲラだったかな?
メジロはやっぱりミカン好きなんだな。 かわいいびっくり目。 もう1種はシジュウカラだったか? セキレイだったか?

        さえずり館の鳥たち メジロ

        さえずり館の鳥たち シジュウカラ

        さえずり館の鳥たち コジュケイ

        さえずり館の鳥たち コゲラ?

        さえずり館の鳥たち アオゲラ

                                              

携帯から

                                                

| | Comments (1) | TrackBack (0)

去年撮っていたシリーズ 気になる花

高田馬場乗換えで楽しみなオランダ屋の花。  いつもいろんな種類の薔薇やユリがある。 微妙な色合いが多く、いつ通っても、店にあるほとんどの花が好きだ。 店舗ではなく山手線側の通路のコーナーなのだ。 先を急ぐ人たちはまるで気がつかないみたいに立ち寄らない人がほとんど。 私はいつも買わないが匂いを嗅ぎに立ち寄る。 乗換え口西武線側にはジューススタンドやスタバやパン屋があり賑わっている。 帰りが遅くなると花たちとは出会えない。

印象深いのは薄黄緑色や黒い菊、こんな色の菊もあるのかと見取れてしまった。 微妙な色合いの薔薇はすでにクリスマスにアップしてあります。

        去年撮っていたシリーズ  気になる花

        去年撮っていたシリーズ  気になる花

       去年撮っていたシリーズ  気になる花

        去年撮っていたシリーズ  気になる花

                                              

携帯から

                                            

| | Comments (0)

去年撮っていたシリーズ  赤い花

急いで歩いていても目に入るとポケットの携帯に手がいく。 歩きながら一瞬身体をピタッと止めてパチッと撮る。 まったく便利だ。 撮る基準は、ただ目に入ることだけだ。
写真を携帯から削除する前にBlogにアップしておこう。

        去年撮っていたシリーズ  赤い花

        去年撮っていたシリーズ  赤い花

        去年撮っていたシリーズ  赤い花

        去年撮っていたシリーズ  赤い花

        去年撮っていたシリーズ  赤い花

                                        

携帯から

                                                

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/09/2007

目玉親父

銀座を散歩していたとき、ショーウィンドウの鮮やかな朱色に目を奪われ近づいた。 カラーかな?  花を使った豪華なオブジェ。  真珠の珠を模しているらしい。

映画の予告編のせいもあるのだが、なんだか目玉オヤジに見えてしまった。
もうすぐ 「ゲゲゲの鬼太郎」 がカランコロンとやって来る。
ゲッゲッゲゲゲのゲェー ・・・ 「キタロー! 」  

目玉親父

                                                   

携帯から

                                            

| | Comments (0) | TrackBack (0)

猪突猛進! 駅ポスターより

やっぱり、いのししが気になる。

        猪突猛進! 駅ポスターより

                               

携帯から

                                      

| | Comments (0) | TrackBack (0)

1/16・17 ART/COM RECORDS 2DAYS LIVE @Loop-line

ART/COM RECORDS 2DAYS LIVE 

                                                    

1月16日(火) Love Songs  

ジャズ、ブラジル音楽から甘く切ないラブソング集       

                                                      

林栄一(as) 木村純(g ) 加藤崇之(g) 宅朱美(key vo) 杉山茂生(b ) 高木幹晴(ds)  

                                                      

Lovesongkarolinan001_pos                                                                                                                                                                                               

                  

                     

                  

                  

1月17日(水)   improvisation music 

創造的な解体-再構築 フリージャズセクステットによる集団即興演奏

                                                                                                                     

林栄一(as) 加藤崇之(g) 宅朱美(key voice)  永塚博之(b)  高木幹晴(ds)  江間一裕(g)

Impro0117postcard_1                                                                       

                                                              

                   

                    

                   

                

                 

                      

                                                  

千駄ヶ谷 「Loop-line」  http://www.loop-line.jp/   

両日共 入場料:¥2500+1ドリンク  19:00開場 19:30開演

同時開催 高木幹晴写真展:1月16日~21日

旅、街の匂い、風、風景、そこで出会った人々、その記憶は時と共に過ぎ去っていく。

そしてモノクロームの中に再び蘇る。

Memories_in_monochromea4ha                                                       

                                                      

| | Comments (0) | TrackBack (0)

やっぱりMac、黒が欲しいなぁ

もう白いりんごマークにも慣れたけど、りんごマークは虹色が好きだった。

Mac との出会いは友だちが操作に慣れるようにと PowerBook を貸してくれたのが初めてだった。 初めはゲームの「まきがめ」がいいと言われかなりはまった。 それ以来 Mac が大好きだ。
パソコン操作を覚えたのは武蔵野市の無料講座の抽選に当たり成蹊大学で Windows 講座を受けた。 あまりの操作の違いに驚いた。 単なるワープロ感覚だった。 Mac にはいい意味で遊びがあり操作じたいが楽しく夢中になった。

バイトで Windows を使うせいもあり自宅でも小さな VaioU にディスプレイをつなげて使っている。 Windows でさえプリンタもつないでないくらい活用する暇がない。 Mac の使い方まで忘れてしまいそう。
WILLCOM の携帯が VaioU より小さくて、USBポートがありパソコン同等なので驚いた。 そのうち1円になったら考えようかなってくらい便利そうだ。 電池が長持ちするならだけど。
何年か前までは仕事先のホテルなどに行くのにリュックにはいつも iBook を入れていた。 ステージの毎の休憩30~40分には音楽聴いたり映画観たりメール打ったりしていた。 重くても持ってるだけでもうれしくて、好きな服着てると気分いいのと同じ。 私にとって Mac にはそんな魅力がある。
Apple のビルも好きなガラス張りでトイレもきれいで気分がいい。 たまにフラッとのぞきに行く。
よく重いのに持ち歩いていたなぁと思うのだが、今は iBook 分以上太ったのでもっと重い物を背負っていることになる。 足に負担がかかって腰を傷め、整体の先生から早歩きなどして体重落とすように忠告された。 今はとてもじゃないけど持ち歩けない。

iBooK にはどうして黒がないのかと残念な思いをしていたら、なんと MacBook が出て黒があるのだ。 あーん。
誕生日のプレゼントにもらえるような物じゃないし、懸賞があれば当てたいな。

        やっぱりMac、黒が欲しいなぁ

        やっぱりMac、黒が欲しいなぁ

        やっぱりMac、黒が欲しいなぁ

        やっぱりMac、黒が欲しいなぁ

黒いMacBookが欲しいなと思っていたら、友だちから黒猫人形をもらった。 こういうのすごくうれしい!

                                            

携帯から

                                                

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/07/2007

七草粥を食べたかった

七草がゆを食べると、その一年病気にならないと言われている。 もともとは中国で、薬草である若菜を食べて立身出世を願ったというのが起源で日本では江戸時代から定着したらしい。
昔、育った母の実家では毎年食べていた。
「せり  なづな  ごぎょう  はこべら  ほとけのざ  すずな  すずしろ  これぞ七草 」 というの歌があった。  道端の草を並べただけで歌になるなんて、日本語の響きはいいな。

「はこべら」 は 「ハコベ」 のことで、昨年読んだ本 「身近な雑草のゆかいな生き方」 によると七つの秘密があるという。

1: ハコベは有限成長、花が終わるとそこで成長が止まる、ところがハコベは花のしたから2本の分枝を出し伸びていき、伸びた分枝の先に花をつけると、また下に2本の分枝を出し次々に枝を増やしていく。

2: 茎の片側に細かい毛が根元に向かって生えていて、ハコベ体についた水滴を根元に運ぶび、雨の少ない冬場でも青々とみずみずしい。

3: 柔らかい茎だが中には固い筋があり踏みつけに対して強い。 (柔らかいだけの茎はちぎれやすく強すぎるくは踏まれると折れてしまう)

4: 5枚ある花びら、1枚の花びらが根元でウサギの耳のように2つに分かれていて、まるで10枚あるかのように見える。 虫を呼び花粉を運んでもらうには目立つことが必要なのだ。

5: 虫が来なかったら? 受粉できず花の寿命が終わったら奥の手、夕方花を閉じる時に雄しべが真ん中の雌しべに集まって花粉を自分の雌しべに付けてしまう! (雨の日には閉じたまま自家受粉することもあるって)

6: 虫に目立つように上向きに咲くが、種子が熟すまで風雨を避けるために咲き終わると下向きに垂れる。 (まだ受粉してない他の花を目立たせる効果もあり) 種子を落とす頃には遠くへ散らすためにまた茎を持ち上げ上向きになる。

7: 種子の表面には突起がいっぱい付いていて土に食い込むみ、靴の裏などにくっついて遠くへ運ばれる。
すごい idea と know-how を持って人知れず生きている。

「ほとけのざ」 はよく見かけるシソ科の 「ホトケノザ」 ではなくキク科の 「コオニタビラコ(小鬼田平子)」 でまったく別の植物なんだそう。 コオニタビラコも、元々は葉が仏さまの蓮坐に似ているので 「ほとけのざ」 と呼ばれていたそう。 現在食べるのはどっちなんだろ?
蘭みたいな形の小さな花だ。 よく見るとちいながらも美しい模様があるか、蜂への標識になっているそうで着陸場所として飛行場のような役割もあるという。 花びらには花の奥に向かっていくつもガイドラインがあり、飛行機を誘導するように蜂を蜜の場所へ導く。 中には隠れていた雄しべが蜜探しに夢中な蜂の背中に花粉を付ける。 蜂が少ない夏には葉の付け根に閉鎖花をつけ蕾のままで自家受粉する。

「なづな」 は 「ペンペン草」、庭に生えたら終わりみたいなこと聞いた覚えがあるが、地面の下に膨大な量の種子が眠りながらチャンスを伺い、だらだらと発芽し生き残る草だそう。  放射線状に重ねた葉を地面に張りつかせ (ロゼットというスタイル) 地上に吹く寒風をやり過ごすし、葉をしっかり広げているので冬の間も光合成ができ栄養分を春に備えて根っこに蓄えている。

「七草なずな 唐土の鳥が渡らぬうちに」 という歌があるそう。
疲れた胃腸を休め、栄養の不足しがちな冬のビタミン補給、厳しい寒さの中でもしっかりと緑を保つ生命力が邪気を払うと信じられていた。 七草の強さと知恵にあやかろうということなのだろうということが書いてあった。

「雑草のように強く生きよう ! 」  弱いはずの小さな植物が逆境で生きていく力から学ぼうなんて思う。
根を下ろした場所から逃げられない、逃げないんだもんね。

                                              

携帯から

                                                      

                                          

| | Comments (6) | TrackBack (0)

コミック エッセイ 「イグアナの嫁」

年末に紹介した細川貂々(てんてん)の 「ツレがうつになりまして」 の第2弾 「イグアナの嫁」。

バイト始め (子供っぽいでしょうが、私としてはあくまでも仕事始めではないわけです) の4日朝、知らぬ間に目覚ましを止めてしまい猫に起こされたのは始業時間30分以上過ぎ、朝礼10分前までに連絡入れなかったなんて初めてというポカをやらかしてしまった。 目覚めた数分前に携帯にバイト先からだろう非通知着信があったが、マナーモードで寝ていたのでバイブがブルッていたのでヤンヤンが起こしに来たのだと思う。  起きたときは胃が腫れて痛かった。  寝てる間にすでにストレス起こしていたのかな。  あわててバイト先に連絡を入れる。  「新年早々やってくれましたね」 と笑われ、「来れますか? 」  顔洗ってすっ飛んで行ったが昼近くだった。  人が少ない日なので頼まれてシフトに入っていたのだ。  帰りはゆっくり友人と映画をと思っていたが残業して穴埋め。

残業したときは必ずと言ってよいくらい三省堂に寄る。  中原昌也の野間文芸新人賞受賞作があったので買いたかったが手持ちのお金が足りなかった。  側にいた男性の店員さんに 「今日買わないとなくなるかしら? 」 と聞くと引きだしを調べてもう1冊あると言う。 よけいなのは 「売れない本ですから大丈夫ですよ」 なんてことを言う。  失礼な! 書店員の言うセリフじゃないでしょう。  反省してもらいたい(反省堂)。  悔しいから取置きした。

細川貂々の新刊が2冊出ているのを見つけた。  「ツレうつ」 の第2弾だとある 「イグアナの嫁」 を買って来て今半分くらい読み終えた。  「ツレうつ」 はどうやら人気が出たようで三省堂のベストテンに10位で入っていた。 ベストテンは嫌いだがよかったねと思う。

てんてんさんはものすごく正直だ。  正直は宝だと思う。  ツレ(ダンナさん)との破れ鍋にとじ蓋加減もなかなかいい。 フリーな仕事をして自分でいることはかなり難しい。  理解されない場合はなおさらだ。  どうしても自分のものしか出てこない、これはどうしようもない。  インナーなのだ。  ものすごい孤独感も味わっただろう。  大変だったろうなぁと思うが、ツレさんと支え合い乗り越えて今があるのを人に伝えるということで、それを読んで元気を得る人がたくさんいるだろう。  読んでるみんなも大変だから、幸せや成功への糸口を探している人にはカウンセリングやセミナーに行くより何か伝わるのではないかな。 うつだったツレさんの 「ツレからもひとこと」 がなかなか心に響いてくる。

マイナス思考クイーンだったとてんてんさんは書いているが、確かにグズグズダメダメブツブツ言ってるんだけど素直なんだなぁ。  かわいいの。 いい子振らないで自分をさらけ出してるワガママさんは困るんだけど無邪気でかわいい。
何事も気づくということが第一歩だな。

たまにプチマイナス思考を相棒に指摘されブンむくれたりする私、大変ためになりました。 あはは。

        コミックエッセイ「イグアナの嫁」

        コミックエッセイ「イグアナの嫁」

        コミックエッセイ「イグアナの嫁」

携帯から

                                                  

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/06/2007

ポスターの中の猫 7 看板

                                               

        ポスターの中の猫 7 看板

携帯から

                                                                                                         

| | Comments (2) | TrackBack (0)

01/05/2007

鏡餅

宮崎のライブハウス 「LIFE TIME」 の浅井さんから年賀メールにマスターが餅つき機で作ったというお手製の鏡餅の写真が添えられていた。

天涯孤独に近い私にとって故郷とも思えるライブハウス。 私を初めてLIVEに呼んでくれたライブハウスなのだ。
マスター草野さんも浅井さんも人情味豊かで、その上にかなりユニークな名コンビ。 浅井さんなんてもうめちゃくちゃおもしろい。

ミュージシャンをいつも暖かく迎えてくれる。 気持ちよくてでれぇーんとしてしまう。 すなわちリラックスできる。
去年は行けなかったが、あれっ、一昨年行ったかな? 宮崎に行く楽しみのひとつはマスターの手料理なのだ。 もう、最高なのだ!

鏡餅を見ていたら飛んで行きたくなってしまったよ。 ねぇ マスター!

        鏡餅

携帯から

                                            

| | Comments (2) | TrackBack (0)

01/02/2007

2007年も明けめでたいことがぞくぞくやって来る 

新年明けましておめでとうございます。

昨年末、30日は「アケタの店」で歌い仕事納め、大晦日は恒例のオールナイトセッションで新年を迎え、歌い初め。 

さぁ 今年はどんな年だろうか? わくわくしていたい。 猪突猛進タイプではないけれど、時間は加速しているので早歩きはしないとね。

友人カップルにいち早く春、かわいい元生徒のおめでた、ぞくぞくうれしい知らせがやって来た。 ぞくぞく わくわく ぞくぞく わくわく・・・・・

今年もどうぞよろしくお願い致します!

Photo   ImagePhoto_2

                                                 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« December 2006 | Main | February 2007 »