« コミック エッセイ 「イグアナの嫁」 | Main | やっぱりMac、黒が欲しいなぁ »

01/07/2007

七草粥を食べたかった

七草がゆを食べると、その一年病気にならないと言われている。 もともとは中国で、薬草である若菜を食べて立身出世を願ったというのが起源で日本では江戸時代から定着したらしい。
昔、育った母の実家では毎年食べていた。
「せり  なづな  ごぎょう  はこべら  ほとけのざ  すずな  すずしろ  これぞ七草 」 というの歌があった。  道端の草を並べただけで歌になるなんて、日本語の響きはいいな。

「はこべら」 は 「ハコベ」 のことで、昨年読んだ本 「身近な雑草のゆかいな生き方」 によると七つの秘密があるという。

1: ハコベは有限成長、花が終わるとそこで成長が止まる、ところがハコベは花のしたから2本の分枝を出し伸びていき、伸びた分枝の先に花をつけると、また下に2本の分枝を出し次々に枝を増やしていく。

2: 茎の片側に細かい毛が根元に向かって生えていて、ハコベ体についた水滴を根元に運ぶび、雨の少ない冬場でも青々とみずみずしい。

3: 柔らかい茎だが中には固い筋があり踏みつけに対して強い。 (柔らかいだけの茎はちぎれやすく強すぎるくは踏まれると折れてしまう)

4: 5枚ある花びら、1枚の花びらが根元でウサギの耳のように2つに分かれていて、まるで10枚あるかのように見える。 虫を呼び花粉を運んでもらうには目立つことが必要なのだ。

5: 虫が来なかったら? 受粉できず花の寿命が終わったら奥の手、夕方花を閉じる時に雄しべが真ん中の雌しべに集まって花粉を自分の雌しべに付けてしまう! (雨の日には閉じたまま自家受粉することもあるって)

6: 虫に目立つように上向きに咲くが、種子が熟すまで風雨を避けるために咲き終わると下向きに垂れる。 (まだ受粉してない他の花を目立たせる効果もあり) 種子を落とす頃には遠くへ散らすためにまた茎を持ち上げ上向きになる。

7: 種子の表面には突起がいっぱい付いていて土に食い込むみ、靴の裏などにくっついて遠くへ運ばれる。
すごい idea と know-how を持って人知れず生きている。

「ほとけのざ」 はよく見かけるシソ科の 「ホトケノザ」 ではなくキク科の 「コオニタビラコ(小鬼田平子)」 でまったく別の植物なんだそう。 コオニタビラコも、元々は葉が仏さまの蓮坐に似ているので 「ほとけのざ」 と呼ばれていたそう。 現在食べるのはどっちなんだろ?
蘭みたいな形の小さな花だ。 よく見るとちいながらも美しい模様があるか、蜂への標識になっているそうで着陸場所として飛行場のような役割もあるという。 花びらには花の奥に向かっていくつもガイドラインがあり、飛行機を誘導するように蜂を蜜の場所へ導く。 中には隠れていた雄しべが蜜探しに夢中な蜂の背中に花粉を付ける。 蜂が少ない夏には葉の付け根に閉鎖花をつけ蕾のままで自家受粉する。

「なづな」 は 「ペンペン草」、庭に生えたら終わりみたいなこと聞いた覚えがあるが、地面の下に膨大な量の種子が眠りながらチャンスを伺い、だらだらと発芽し生き残る草だそう。  放射線状に重ねた葉を地面に張りつかせ (ロゼットというスタイル) 地上に吹く寒風をやり過ごすし、葉をしっかり広げているので冬の間も光合成ができ栄養分を春に備えて根っこに蓄えている。

「七草なずな 唐土の鳥が渡らぬうちに」 という歌があるそう。
疲れた胃腸を休め、栄養の不足しがちな冬のビタミン補給、厳しい寒さの中でもしっかりと緑を保つ生命力が邪気を払うと信じられていた。 七草の強さと知恵にあやかろうということなのだろうということが書いてあった。

「雑草のように強く生きよう ! 」  弱いはずの小さな植物が逆境で生きていく力から学ぼうなんて思う。
根を下ろした場所から逃げられない、逃げないんだもんね。

                                              

携帯から

                                                      

                                          

|

« コミック エッセイ 「イグアナの嫁」 | Main | やっぱりMac、黒が欲しいなぁ »

Comments

それが理想だなぁ。
なんかうれしいよね、摘みたてで。

ジャガイモゆでるときにはミントをちょいっと摘みに行き、
チキン焼くときにはローズマリー・・・これは今できるが。
アパートのエントランスにはローズマリーが植わってて隣の生垣にミントが雑草で生えてる。(笑)


Posted by: Shoomy | 01/09/2007 05:13 AM

ああ、今年も七草しないでしまった・・・
でも、ベランダにハコベが生えるので、時々おかゆに入れてます。
ハコベはインコも食べるので、重宝(笑)  昨年はどこから種が来たのか
オギョウも生えて、野ゼリは植えたのがあって・・・これで3種類 !   
すずな、すずしろは、買うとして・・・あと二種類 !
ベランダ七草・・・いいかもしれない。
でも、今、オギョウはやっと芽が出たばかり・・・(去年の種から出た)
素人には、同時にそろえるのが難しそうです。

はこべのこと、色々初めて知りました!  よく見てみます。

Posted by: はちや福中 | 01/09/2007 03:11 AM

七草がゆセットで食べた人多いね。
私も何年か前食べてた。
できれば自分で摘んで食べてみたい。

中華粥は好き。
新宿でバイトのとき、地下街(京王?)に行きつけの店があった。
あそこは安くておいしい!
名前は忘れた。

バーミヤン、今度食べてみる。

Posted by: Shoomy | 01/09/2007 02:27 AM

私も食べたんだ。昨日。
スーパーでね「七草セット」というのを買ったの。
日本のハーブって書いてあった。
最近おかゆが好きだな。

バーミヤンでね中華粥食べたの。
美味しかったよ。

Posted by: motoko | 01/08/2007 06:26 PM

すごいでしょ。
おもしろいよ。
 
写真じゃなくて絵なんだけど、モノクロの線画なのでぬり絵ができる。
春・夏・秋・冬と1シーズンずつ小型の野草図鑑をそろえた。

昼休みに日比谷公園に観察に行ったりしてたが・・・
秋からずっと行ってない。疲れてたなぁ。
最近は寒いから、なおさら。

Posted by: Shoomy | 01/08/2007 03:45 AM

すごい!勉強になったよ。

今日ね、作って食べたんだ。けっこううまかった。

シューミーの一年が、健康で幸福でありますように・・・。

またライブ聴きに行くね。

Posted by: さがゆき | 01/08/2007 02:12 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 七草粥を食べたかった:

« コミック エッセイ 「イグアナの嫁」 | Main | やっぱりMac、黒が欲しいなぁ »