« 加藤崇之 絵とLIVE 3 | Main | どんぐり「YUME」通信 2 »

04/02/2007

お花見気分

今日は最高のお花見日和だったのではないかな。 昨日の雨や風の強さでも散ることなくどこも満開なようだ。 「蝶々はなぜ菜の花に止まるか」という本を読んでいたら、桜についてへぇっと思うことが書いてあったので覚えていることだけ少し書く。

万葉集の時代のお花見は梅の花だった。 古今和歌集になると桜の歌が多いのだそう。
日本の桜は今ではソメイヨシノ(染井吉野)が一般的だが、昔は桜と言えば山桜(ヤマザクラ)だったそう。 ヤマザクラは葉が先に出て花が咲く。
ソメイヨシノは葉が出る前に花が咲き散ってから葉が出る。 染井村 (現在の巣鴨あたり) の植木職人が吉野の桜に似せて交配で作り出した雑種なのだそう。  雑種だから種子ができず、挿し木で増やす。  1本のソメイヨシノから増えたクローンなのだ!  だからいっせいに散る。 ヤマザクラは昆虫どに花粉を運んでもらい受粉しなければならないから天気を考えて時期をずらしながら咲くのだそう。

驚いた。 都内で見かける桜は圧倒的にソメイヨシノが多いと思う。 花が先に咲いている。近くの公園の桜の1本は葉から咲いていた気がする。 すぐそばの線路向こうの杉並区重要保存樹木の桜もソメイヨシノではないようだ。

ところで、今日Mちゃんからこんなメールが来た。 「きょうは東京に三連の虹がかかり、江ノ島に透明な水と七色のタツノオトシゴが伊豆のイルカと一緒にやってきたよ。 めでたいので総理大臣が日本のみんなに山吹の苗と桜餅をプレゼントしてくれるよ! やったね。」

桜餅に関しては30秒信じたが、山吹の苗をもらっても困るなぁと思ったところで、エイプリル・フールだなと気づく。 三連の虹はちょうど映画「蟲師」を観て映画館から出て来たばかりだったので信じてしまった。 「虹蛇」(こうだ)という太陽に向かって見える虹、色の並びも逆の虹(実は蟲)を観たから。
コンビニで漆原友紀の原作漫画をみたが、これは読まねば! と思った。

お花見気分

お花見気分

お花見気分

お花見気分

お花見気分
携帯から

|

« 加藤崇之 絵とLIVE 3 | Main | どんぐり「YUME」通信 2 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference お花見気分:

« 加藤崇之 絵とLIVE 3 | Main | どんぐり「YUME」通信 2 »