« 港みらい・野良猫・鳥尾さん | Main | 紫陽花グレーと紫・池袋猫 »

06/14/2007

とりぱん 3

「とりぱん 3」 すでに5月23日から発売されている。 表紙はヒヨドリ。
毎週”モ実家の隣のミーちゃん、ある日何故か庭のいちばん高い木のてっぺんで身動き取れず、お母さんはハシゴかけて下ろしてあげなさいと言う。なん子さんは鋭いツメ生えて暴れ回る8キロの物体を?と言ってたとこへ隣の奥さんと飼い犬のプーちゃん。その瞬間ミーちゃんはモモンガみたいに飛んでドベッと降り逃げて行った。うわー足の裏大丈夫?と思ったが彼(ミーちゃん)を見直したとある。私も驚いた。やればできるんじゃないって感じだ。猫は避けてるけど実は泳げるし。人間の深層心理も理解するそうだし。

雑誌で読むとリアルタイムなのと版が大きいのがいい。高田馬場の゛まんがの森″で原画展をやっていたのでのぞいた。 線がきれいだった。雑誌ではわからない。あんなに丁寧に描かれているのかと驚いた。 4月からNHK今日の料理ビギナーズに連載゛とりのなん子の雑食生活″はカラー1ページだが、原画はもっときれいなのだろう。短い文が彼女の漫画のラストの1ページのように詩的だ。

今日は木曜、モーニング発売日だ。買いに行こう。

携帯から

ーニング”を読んでいるので(しかも破って束ねてある)単行本の先まで読んでしまっているが、やはり買った。

作者”とりの なん子”が勤めていた頃、目覚ましを5分進めてかける。 鳴ってすぐ起きるよりその「あと5分」がたまらなく気持ちよく、アラームをだんだん必要以上に早くセットするようになり、(「あと5分を6回もできる)かえって疲れてしまった。 しまいには有休・社保完備の会社を辞めてしまったとデフォルメして書いている。 私も同じことをやる。 アラームを止めてずっと寝てしまったこともある。 止めて休みと気づいた時の幸せ感ったら!

”つぐみん”ネタは時期的に少ないが゛モーニング″ではすでに北に帰ったところ。

実家の隣のミーちゃん、ある日何故か庭のいちばん高い木のてっぺんで身動き取れず、お母さんはハシゴかけて下ろしてあげなさいと言う。 なん子さんは「鋭いツメ生えて暴れ回る8キロの物体を?」 と言ってたとこへ隣の奥さんと飼い犬のプーちゃん。 その瞬間ミーちゃんはモモンガみたいに飛んでドベッと降り逃げて行った。 うわー足の裏大丈夫?と思ったが彼(ミーちゃん)を見直したとある。 私も驚いた。 やればできるんじゃないって感じだ。 猫は避けてるけど実は泳げるし。 人間の深層心理も理解するそうだし。

雑誌で読むとリアルタイムなのと版が大きいのがいい。 高田馬場の”まんがの森”で原画展をやっていたのでのぞいた。  線がきれいだった。 雑誌ではわからない。 あんなに丁寧に描かれているのかと驚いた。 4月からNHK”今日の料理ビギナーズ”に連載”とりのなん子の雑食生活”はカラー1ページだが、原画はもっときれいなのだろう。 短い文が彼女の漫画のラストの1ページのように詩的だ。

今日は木曜、モーニング発売日だ。 買いに行こう。

携帯から

        とりぱん 3

        とりぱん 3

|

« 港みらい・野良猫・鳥尾さん | Main | 紫陽花グレーと紫・池袋猫 »

Comments

彼女の漫画って、自分と重ねて見えて可笑しくなってしまう。。。
うちのベランダも虫優先。 いま、すごいことになっています。
青虫の時期には、シジュウカラ、メジロが来て、青虫食べちゃいますが、
彼らを観察してるのはすごく面白いです。
なん子さんの原画展、気になるので、検索してみよう。

Posted by: はちや福中 | 06/15/2007 at 02:46 PM

あー、私も随分ファンになっちゃった。
2週間くらい前に偶然見つけて買って、ゆっくり読んだ。

畑の青虫達の話も良かった。
あれを読んでから、うちの庭の虫達にも寛容になってしまった。

Posted by: motoko | 06/15/2007 at 12:00 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109754/15430831

Listed below are links to weblogs that reference とりぱん 3:

« 港みらい・野良猫・鳥尾さん | Main | 紫陽花グレーと紫・池袋猫 »