« September 2007 | Main | November 2007 »

October 2007

10/26/2007

10/31(水)ShoomyボサノヴァスペシャルLIVE @サンジェルマン8世

10/31(水)国分寺「サンジェルマン8世」 ゛Shoomyボサノヴァスペシャル″

                                        

宅゛Shoomy″朱美(P・Vo) 松風鉱一(Sax・Fl) 杉山茂生(B) アレシャンドレ・オザキ(Dr)

                                    

サンジェルマン8世 Tel:0423‐28‐1385
start 20:30くらい~

http://germain.exblog.jp/

                                   

        10/31(水)ShoomyボサノヴァスペシャルLIVE @サンジェルマン8世

        10/31(水)ShoomyボサノヴァスペシャルLIVE @サンジェルマン8世

        10/31(水)ShoomyボサノヴァスペシャルLIVE @サンジェルマン8世

        10/31(水)ShoomyボサノヴァスペシャルLIVE @サンジェルマン8世
                      

携帯から

                                  

| | Comments (2) | TrackBack (0)

10/24/2007

赤ちゃん・雲・映画「パンズ ラビリンス」

10月19日

m子に無事に赤ちゃん誕生。 女の子。 おめでとう!
彼女は今年の6月まで何年になるだろうか、Hotでピアノ弾き語りの生徒だった。
4月のA子に続きまたまたおばあさんになった気分。 友だちみたいに接してはいても、ある時は母親みたいな相談も受けたりもしたのだから。(m子はバイト先の同僚でもあった)

10月23日

夏から秋を飛び越して冬になったように寒くなったが、空を見上げると秋らしい雲模様だ。雲になりたい。

映画「パンズ ラビリンス」の鑑賞券を買っていたのを思い出し恵比寿ガーデンシネマまで観に行って来た。
ギレルモ・デル・トロ監督(メキシコ人)のスペイン映画。 ジャンル分けされるとダークファンタジーなのかな。 スペイン内線を背景にお伽話が展開するのだけれど、まるでダリオ・アルジェント監督のホラー映画のような雰囲気があった。
大人のためのお伽話と言われているようだが、今の子供にはこれくらい見せてもいいのではとも思われた。 どんな魔物よりも戦争でねじ曲がった人間の方が怖いのだ。

「指輪物語」 「ハリーポッター」 「ナルニア国物語」 「エラゴン」 「アーサーとミニモイの不思議な国」 等が上映され、これからも「スターダスト」 「ライラの冒険」 と続々ファンタジー映画がやって来る。
ただの流行だろうか?辛い世の中なのか?現実から逃避が必要なのか?
今、人間には「読み聞かせ」のように「物語」が必要なのかもしれない。みんなが迷宮で主人公と自分自身を重ねて冒険し涙し、自分を発見する。

「パンズ ラビリンス」には特に「指輪物語」などで気になった「善と悪」 「光と闇」という区切りがない。 ハッピーエンドではないが「死」が「終わり」でもない。

最近のどんな恋愛映画より切ない。

                              

携帯から

        赤ちゃん・雲・映画「パンズ ラビリンス」

        赤ちゃん・雲・映画「パンズ ラビリンス」

        赤ちゃん・雲・映画「パンズ ラビリンス」

        赤ちゃん・雲・映画「パンズ ラビリンス」

        赤ちゃん・雲・映画「パンズ ラビリンス」

        赤ちゃん・雲・映画「パンズ ラビリンス」
                                  

| | Comments (1) | TrackBack (0)

10/19/2007

10/20(土)Midnight LIVE“夢Duo”@西荻窪アケタの店

10/20(土)西荻窪『アケタの店』深夜の部  “夢Duo”

                                   

宅 "Shoomy"朱美 (Vo) 加藤崇之(Acoustic G)

                             

AKETAの店 Tel:03ー3395ー9507
start 0:30~

        10/20(土)Midnight LIVE“夢Duo”@西荻窪アケタの店

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10/15/2007

10月17日(水)沖 至・加藤崇之・宅 朱美・高木幹晴 LIVE@豊橋ハウスオブクレイジー 

10月17日(水) 豊橋「ハウスオブクレイジー」   ”沖 至 セッション”

                                                                          

沖 至(Tp) <from Paris> 

with  加藤崇之(g) 宅 朱美(key・voice) 高木幹晴(ds)

                                    

愛知県・豊橋「ハウスオブクレイジー」 Tel:0532-55-9000

http://www1.ocn.ne.jp/~hofcrazy/
愛知県豊橋市松葉町 1-26-2

                                        

料金:前売 3500円+オーダー / 当日 4000円+オーダー

開場:18::00 / 開演 19:30

0508_oki
1031_taku  0630_katoh

1028_taku 0812_takagi

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10/12/2007

わたしは牝のボス猫

最近、縁あって人間と親しくしている。

20代後半のピアノ弾きとギター弾きの夫婦の世話になり愛も分けてもらっている。
わたしはこの辺りのボスの連れ合いだった。 子供たちが産まれる前にボスに先立たれ途方に暮れていたが、以前からなにかと気にかけてくれていたナンバー2が、頼りないが性格のよさで2代目を継ぎ、わたしたちの面倒も見ると言ってくれた。
幸いこの辺りは野良猫に優しい住みやすい地域で食べ物に困ることはないのだが、なかなか満腹とまではいかない。
子供たちはみるみる育ち、わたしはみるみる痩せていった。 そろそろ離乳となる。 わたしも体力をつけなければならない。

女のピアノ弾きは男のギター弾きよりだいたい帰りが遅い。 この夏の異常な暑さもあってか眠れないのか明け方に散歩している姿をよく見かけた。 いい人間みたいだ。 ギター弾きは朝早くから仕事に出て行ったりもするようだ。 優しそうだ。 このふたりならば心が通じるかもしれない。
子供たちや仲間のことも考え、ある夜にふたりの部屋の前でニャーニャー(こんばんは)と声をかけた。 彼女達は玄関を開けてご飯をくれた。 距離もおいてくれる。 安心して来てもよいと仲間たちに伝えた。

こないだはピアノを弾いて歌うという猫の仲間みたいな女がやって来た。 どおりで彼女からは猫の匂いがした。 どうやら猫語がわかるようだ。 目を見ただけで心が通じる気がする。
5匹、6匹と連れて行く日もあるけれど、だいたいひとりでパトロールの合間か夜ピアノ弾きが帰る頃に連れ合いと尋ねる。 昨日は連れ合いと子供たちを連れて行った。

実はわたしたち猫は人間を選んでいる。 わたしたちが選ぶというより夜空の向こうから使命のような光が降ってくる。 必要とされているところに尋ねてゆく。 わたしたちは愛を分けてもらうが、わたしたちも愛を形ではないが返す。
すべての人間に通じるといいなと思う。
わたしたちは次元を超えて愛を届ける能力がある。 いつまでも人間たちを見守っていきたいなと思う。

        わたしは牝のボス猫

        わたしは牝のボス猫

        わたしは牝のボス猫

        わたしは牝のボス猫

        わたしは牝のボス猫

撮影:H・N & D・K

| | Comments (1) | TrackBack (0)

10/09/2007

10/10(水)鳥尾さん with Shoomy LIVE @吉祥寺「MEG」

10/10(水)吉祥寺「MEG」  ”鳥尾さん” with ”Shoomy”

                                   

”鳥尾さん”  中島弘恵(P) 伊東里栄子(B) 安永春美 (Dr)

ゲスト:宅”Shoomy”朱美(Vo)

                                        

start:19:30~
「MEG」 Tel:0422ー21ー1421

        10/10(水)鳥尾さん with Shoomy LIVE @吉祥寺「MEG」

        10/10(水)鳥尾さん with Shoomy LIVE @吉祥寺「MEG」

        10/10(水)鳥尾さん with Shoomy LIVE @吉祥寺「MEG」

        10/10(水)鳥尾さん with Shoomy LIVE @吉祥寺「MEG」

           10/10(水)鳥尾さん with Shoomy LIVE @吉祥寺「MEG」

携帯から

| | Comments (0) | TrackBack (0)

帰って来たヤンヤン

おとといの夜、1ヶ月と10日振りに迎えに行って来た。

カンタと仲良くなるまでと思っていたが、いつの間にか日にちがたっていた。 部屋を片付けてからなんて思っていたからなんだが、足腰を痛めた後遺症でなかなか終わらない。 自分がさびしいのを我慢できなくなりだした。  内緒で飼っているので目立たない夜に、キャリングケースに入れるとギャーギャー鳴くのでタクシーで連れて行ってタクシーで連れて帰るという具合で、タイミングも難しくやっと迎えに行けた。

(※ ゛鳥尾さん″との長野ツアーで、善光寺の山門を写真に撮って後ろを向いたら15段はある階段があり前向きに落ちた。 うわぁ これじゃメガネ割れて顔怪我する~、 これから今夜まだLIVEがある~、携帯壊れる~、なんて一瞬でくるくる思い、トン トン ドンと左足、右膝の順番だったか?  なんとか右足で着地したが、その衝撃で石の上に倒れ、幸いツルツルの石のためジーンズでスーっとすべった。 腕には冷房よけのカーディガンを持っていたのでまったくの無傷ですんだ。 手には携帯を持ったままセーフ! しばらくなんともなく歩いていたが甘味処で抹茶ソフト食べて外に出ると右足が痛くなっていた。 そして夜には尾低骨が痛くなり翌日から3日間は寝込んだ。)

カンタと仲良くなっていたのでかわいそうな気がしたが、連れて帰るとやはり落ち着くのかゴロゴロいいっぱなし、べったりくっついて寝ている。 カンタも同じだそうだ。 猫同士楽しくやっていても、それはそれなんだろう。
ヤンヤンは自分のテリトリーに戻ってリラックス、カンタは自分のテリトリーにやって来た気になる黒猫がいなくなりさびしい気もするが、飼い主の愛情は自分だけに注がれて安心してリラックスって感じか。

私も1ヶ月ヤンヤンなしのさびしい思いをしたが、ヤンヤンが猫同士のコミュニケーションができたこととセカンドハウスができた(M子談)ことがうれしい。

携帯から

        帰って来たヤンヤン M子、ペペの首輪をリメイク

        帰って来たヤンヤン この姿がたまらない

        帰って来たヤンヤン

        帰って来たヤンヤン

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10/07/2007

仲間思いな猫

こないだ、以前住んでいた多摩湖近くのH子とCの家に遊びに行った。

西武多摩湖線の単線が住んでいた時は急いでいると不便に感じたりしたが、のどかで懐かしかった。
目の前が大家さん敷地の緑と空だけというドリーミーな部屋で、フローリングに寝っ転がって本読んだり音楽聞きながら猫とじゃれたりしたら気持ちいいなぁと想像しながら寝っ転がっていた。

森のような緑の中を散歩したいとは思っていたが遊びに行くのに楽しみがあった。
彼女たちの家に最近野良猫がご飯を食べに来るという。
しかも1匹の猫が時々友だちを連れて大挙してやってくるというのを聞いて、それ見たさにある夜泊まりに行った。 
アパートメントの周りに猫がたくさんいて特に隣にある施設で可愛がられているらしく、椅子などに座ってのんびり過ごしている。 子育て中の母猫もいる。
玄関のドアを開けると白×茶トラの猫がニャーと鳴いた。 キャットフードをやると一生懸命食べる。 玄関から出ようとすると逃げようとするので、ゆっくり開けて「大丈夫だよ 何もしないよ 食べてていいよ」と言うが私たちが降りるより先に階段を降りてしまう。 「いいよ 食べに行っていいよ」と言うと通じたか通じないか、白い茶トラは階段を駈け登って行った。 
6匹連れて来たり3匹で来たりするそうだ。 見つけたものに始めに食べる権利があるようだとH子からメールが来ていた。  始めに食べるのはボスの場合が多いと聞くけれど、白茶トラはボスには見えずメスのように見える。

新宿歌舞伎町辺りでも野良猫が食べる順番待ちしている。 待っている猫の中には栄養が足りてなさそうなのがいたりする。 作家の村上春樹はいつもポケットに煮干しを入れているようなことを読んだ記憶があるが、それっていいなと思う。 野良猫が寄ってくるかもしれない。 私はいつも小分けしたキャットフードを忘れる。

後日、白茶トラは子猫を連れて来たので、たぶん母猫だろうと言う。 この家は子猫を連れて来ても安心だと判断したのかもしれない。
毎日大挙してやってくるわけではなさそうで、距離を保って愛を分け合うのがいいだろうと思う。  ご飯を与えるH子やCも癒されているはずだ。

携帯から

        仲間思いな猫

        仲間思いな猫

        仲間思いな猫

        仲間思いな猫

        仲間思いな猫

| | Comments (2) | TrackBack (0)

10/01/2007

10/3 Shoomy ゛SOL″LIVE @ なってるハウス

10/3(水) 入谷・浅草合羽橋「なってるハウス」 ゛SOL″

                                        

宅゛Shoomy″朱美(P・voice) 杉山茂生(B) 高木幹晴(Dr) <from 豊橋>

                                                

※SOL  ゛Shoomy's Outre Lab partners″

シューミーの一風変わった実験室の仲間達 の略。
outreは一風変わった、突飛な、過激な、常軌を逸した。
Solは化学用語で疎液性溶質のコロイド溶液。つまりはどろどろの液体。(名付け:高木)
そしてSOLは゛太陽″。

なってるハウス Tel:03‐3847‐2113

携帯から

        10/3 Shoomy ゛SOL″LIVE @ なってるハウス

        10/3 Shoomy ゛SOL″LIVE @ なってるハウス

        10/3 Shoomy ゛SOL″LIVE @ なってるハウス

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2007 | Main | November 2007 »