« 生きるための戦いに疲れたら、聞いて下さい。 | Main | 今年の睡蓮 »

07/10/2008

フリッツ・ザ・カメラキャット

SHOOMY BANDのツアーのこと、自分の身の回りのことや生徒のことといろいろ心配事ある中、ニターっと頬が緩んでしまった。

こういうニュース大好き!

ドイツに住む猫のフリッツ君は”お散歩フォトグラファー”
首輪に小型防水カメラが付いていて、15秒おきに自動的にシャッターが切られる仕組みになっているんだそう。
撮影されたこの写真、鳥の巣箱を見上げたんだろうな。
発想としてはあったが、実際にやってしまった人がいたとは!
よき相棒猫がいてできることだとも思う。

飼い主の気持ち通じてるね、この顔。

blogが人気とか、のぞいてみよう。http://www.katz23.de/

        フリッツ・ザ・カメラキャット

        フリッツ・ザ・カメラキャット

フリッツ君とフリッツ君撮影の写真(COURRiER Japon より)

                      

携帯から

                

|

« 生きるための戦いに疲れたら、聞いて下さい。 | Main | 今年の睡蓮 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 生きるための戦いに疲れたら、聞いて下さい。 | Main | 今年の睡蓮 »