« 7/30(水)加藤崇之 ” FIS” @ なってるハウス | Main | 網戸越しの猫 »

07/27/2008

アンビリーバブルな犬と猫のニュース

中国は河南省から、子猫が犬のお乳を飲んでいる思わずうっそー! と言いそうな、しかしかわいらしい姿が伝えられた。
鄭州市の馬寨郷に住む楊さんは工場で 「楽楽 (ラーラー)」 という犬を飼っている。 2か月前に友達から1匹の子猫をプレゼントされたが、生後1か月の赤ちゃん猫は、もらわれた日からいつもラーラーのそばを離れようとしなかったそう。
ある日、楊さんはこれまで1度も妊娠したことのなかったラーラーが子猫に母乳を与えている姿を見つけた。
現在、子猫は生後3か月で、毎日ラーラーのお乳を飲んでおり、他の食べ物にいっさい関心を示さないそう。
※mixiニュースでは写真入り

(Shoomy) うぅむ 驚いた。 “愛” っていうか “博愛” の力っていうのか!?
しかし、なんで “おっぱい” が出るんだろう? 想像妊娠とは違うと思うけど … 想像出産超えての子育て。 本能の成せる技か?
人間にもできるかもしれないのか?

                                    

携帯から

                                        

|

« 7/30(水)加藤崇之 ” FIS” @ なってるハウス | Main | 網戸越しの猫 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 7/30(水)加藤崇之 ” FIS” @ なってるハウス | Main | 網戸越しの猫 »