« August 2008 | Main | October 2008 »

September 2008

09/27/2008

少し痩せたんじゃない?

一昨日の朝、またボス猫に会った。 なんだか毛並みがパサパサして痩せてる感じだ。 こないだからそんなに日にちは経っていないのに急に痩せた気がする。
おじさんおばさん留守か何かでご飯もらってないのかな? 腎臓かなぁ? 後、猫は喧嘩で牙を折ると食べられなくなって致命的だと言うが、心配だなぁ。

        少し痩せたんじゃない?

        少し痩せたんじゃない?

| | Comments (1)

09/25/2008

9/26(金)杉沼左千夫(尺八)with“SOL”LIVE @なってるハウス

9月26日(金)入谷・浅草合羽橋 「なってるハウス」  杉沼左千夫 with “SOL”

                                                                   

杉沼左千夫(尺八)

“SOL”
宅“Shoomy”朱美(P.voice) 杉山茂生(B) 高木幹晴(Dr)

                                                                   

☆杉沼さんは “Knuttel House” のオーナーです。 7月に始めて会いました。 知らないお客さんだなぁと思ってたら、1ステージ終わった時に拍手してくれて気に入ってくれてしばらくしてオーナーだとわかりました。
長い間なってるハウスで演奏していて始めて! 会ったんです。 尺八奏者だったんです。 一緒にやりたいと誘われました。光栄です。

open 19:30 start 20:00

なってるハウス  Tel 03-3847-2113

| | Comments (0)

09/18/2008

今朝、ボス猫に会う

家を出てすぐに久し振りにボス猫に出会った。 ちょいと瞬き風に挨拶をしてマイペースに歩いて行った。
昨日、ヤンヤンを連れて帰る車の中でボス猫の話をしていたのだ。
ここに引っ越して来てヤンヤンを始めて連れて来た時、車の中から鳴く声が聞こえたのだろう、車から降りると彼が 「なんだなんだ何事だ!」 という顔してニャーニャー 「どうした、どうした」 とヤンヤンにも呼びかけているようだった。
ボス猫はパトロール中だったのだと思う。 ボスは縄張りの子分をよそ者から守ったりもするのだ。 なんだかかっこよかったのを覚えている。 普段はのそのそ歩いていてあの時のかっこよさは見せない。
そんな彼も近所の小さな会社の初老のご夫婦に可愛がられている。その事務所のドアはどんな寒い時でも暑い時でもちょっと開いているのだ。
きっと、朝のパトロールを終えてご飯を食べに行くところだったのだろう。

        今朝、ボス猫に会う

        今朝、ボス猫に会う

| | Comments (1)

09/17/2008

おかえり~ ヤンヤン

忙しかったり腰を痛めてなかなか迎えに行けなかったが、今日がまったく何もない休みだったので昨夜迎えに行った。

今みたいに疲れる毎日こそセラピネコ・ヤンヤンが必要だと今さら気づき、S家は二人とも仕事の帰りが遅い日なのだが、どうしても迎えに行こうと決めたのだ。

7時にバイトが終わってから映画を観て時間をつぶしM子が帰る時間にS家へ行った。 抹茶カステラを食べながら久し振りにゆっくり話した。 見かけは華奢だが肝っ玉は太い。 世の中に案外少ない自立できている人だ。
Sも自由な精神の持ち主で窮屈なこの世でしっかり楽しんで生きている人だ。
深夜2時過ぎにSが帰って来て3人で話し、いつもはタクシーを呼んでヤンヤンを連れて帰るのだが、「泊まって行けば」 「明日車で送ってあげるよ」 の言葉に甘えた。

まったく保養所に行ったようだった。 実家や親戚があった頃に味わっていた感覚だ。
この夫婦の家には人が集まる。 持つならこんな家庭を持ちたかった。 自然に音楽が生まれてくる家だ。 ちょうどM子の札幌の両親から今はまっているという手作りの干物やニシンの入った漬け物・すじこが送られて来ていて食べさせてもらった。 めちゃくちゃ美味しかった。
一宿一飯のお礼に? Shoomy流ボイストレーニングをして遊んで来た。 こういう物々交換的な生活がしたい。

ヤンヤンは去年のことを覚えていたので、カンタと前よりも仲良くなれた。 猫キスも目撃したし私に助けも求めずカンタと遊んでいた。 近づくとスルッとかわして逃げる。 キャリングケースに入れられ車で運ばれるのが嫌だから。 迎えに来たのがわかっているのだ。
子猫の頃は外も車も平気な猫だったのに、外を怖がるようになってしまった。 もっと連れ出して慣れさせておけばよかったと後悔。
10月頭にパリに行くのでヤンヤンをまた預かってもらう。 またカンタと猫コミュニケーションできる。
腰が治ったら自転車を買ってキャリングケース背負って時々連れて行こう。(私が使っているのはリュック型なのだ)

私の保養所でもあるのだから。
できれば遠くに引っ越さないで欲しいなと思う。

        おかえり〜 ヤンヤン

        おかえり〜 ヤンヤン

| | Comments (1)

09/15/2008

今年も“なってるハウス”で Shoomy3days !

        9/19(金) “SOL”
                            
                           
宅“Shoomy”朱美(P・voice) 杉山茂生(B) 高木幹晴(Dr)
                                                 
                          
                               
        9/20(土) “夢Duo”
                            
                                
宅“Shoomy”朱美(Vo) 加藤崇之(G)
                                                              
                         
                            
      9/21(日) “Shoomy Bossa nova Friends”
                           
                             
宅“Shoomy”朱美(P・Vo) 加藤崇之(G) 松風鉱一(Sax・fl)
杉山茂生(B) Alexandre Ozaki(Dr)
                             
                          
                              
                               
入谷・鶯谷・浅草合羽橋「なってるハウス」

           今年も“なってるハウス”で Shoomy3days !
 

           今年も“なってるハウス”で Shoomy3days !

        今年も“なってるハウス”で Shoomy3days !

        今年も“なってるハウス”で Shoomy3days !

          今年も“なってるハウス”で Shoomy3days !

| | Comments (0) | TrackBack (0)

09/12/2008

ヤンヤンからのメール 2

わかったよ。
私はカンタと遊んで待っているよ。 
早く体を治してね。 ヤンヤンより

ヤンヤンにぎっくり腰で迎えに行けなくなったことと、休めないスケジュールでまだすぐには迎えに行けないとメール返信したら、「事情はヤンヤンに話しておいたよ」 とM子からのコメント入りの写真メール。
写真のヤンヤンの様子は少し安心し納得したように見える。 ゴロニャンあいさつだ!  いつも 「おかえり~」 はこれだ。

しかし、今日はまいった。 秋葉原からホットまで行きも帰りもタクシーに乗ったけれど、それでも家に帰り着くのに時間はかかるし体中が痛い。
去年のぎっくり腰とは症状が違う。 今回は右腰にというか右腰の骨 (骨盤?) にきている。 ネジが外れたかのよう。
ヤンヤンのように柔らかくしなやかでいたいなぁ。

      ヤンヤンからのメール 2

| | Comments (0)

ヤンヤンからのメール

ヤンヤンより
大丈夫?

M子からとわかっていても涙が出るくらいうれしかった。
写真を撮りながら彼女はヤンヤンに話しかけたのだろう。 ヤンヤンは心配そうな顔をしているような気もする。
淋しいがまだすぐには会えない。
いつもヤンヤンにたくさん愛をもらっているんだとつくづく思う。
早く治すぞ!
でもこの際、カンタとの猫同士のつき合い進展して欲しい。 私たち人間では味わえないスキンシップがあるんだよ。 カンタもそれを知らない。 あんたがもっと心を開けばカンタは素敵なナイトだよ。

おやすみ、ヤンヤン!

      ヤンヤンからのメール

| | Comments (1)

09/09/2008

今日のヘルパー見つかりました!

こ心配おかけしました。 たまたまお休みで blog を見てくれたmy弟子のCandy こと K くんがヘルプに来てくれることになりました。
都合が悪いと連絡下さったみなさん、読んで心配して下さったみなさん、ありがとうございました! 気持ちだけでも起き上がる力にプラスされました。 まだまだ"タフ アケミ"で行けそうです、と油断はしません。

                              

| | Comments (0)

腰痛はある日突然やって来る

【かわいいからだの救急箱】 (幻冬舎文庫:寺門琢己)より

気持ちのヨイ朝なので踊りながら歯みがきしていてくしゃみがでた。(へっ へくしっ)その瞬間コシにゲキ痛が…グキッ
そして一歩も動けなくなりお地蔵さんと化しました。 あなおそろしや腰痛。(ピーポーパーボー ピーポーパーボー)

前の日に重い物を持ったとか中腰のへんな姿せいで長時間作業したとか原因は多々あれど、じつは一番大きな原因は 「感情の強制停止」 なんですぅ。 ストレスなんです。どうしてかっていうと、感情という巨大なエネルギーは腰の力でしか止められナイ! からなんです!

激怒したいのにぐっっとガマンする時、言いたいコトをぐぐっと飲みこんでガマンする時、ぐぐっと、うっと押し殺した感情は、からだの中心である腰、腰がすべてフンバって、うけとめていたのです!
感情のブレーキ! ふんばる腰に走る緊張(ピシッ・ぐぐっ)、それは腰痛発生のプロローグ…心のモヤモヤや怒りガマンのレベルが日に日にふえつづけ、ある日レベル100に達した時!
たとえば、しき布団を持ち上げててギクッといってしまう。(ギックリ・バキッ)
布団上げが悪いんじゃナイ。たまたま引き金をひいただけ。 腰痛になる準備はすでにじゅーぶんできあがっていたのです。

ぎっくり腰はまず休む。
まず、いちばん楽な姿勢で寝ます。 腰痛はからだからのSOSです。
2日間はゆっくりしましょう。 気持ちのいい姿勢は症状により変化していきます。 つっぱった筋を解きほぐしやすい順番に動かしているのです。
からだがオートマチックに調整してくれるんですね。

      ☆Shoomyのコメント☆

動けるようになったらと次のメニューが書かれている。
1、足の指の間をさする
2、太ももをさする
3、バンザーイ・ブラーン体操
4、足首をあたためる(足湯・ホットパック)
5、頬骨をそろえてみる

去年、初めてギックリ腰になった時かなる前にちょっと書いたかもしれない、私にとって常備薬のような 「体の中に救急箱があるんですよ」 という本なのです。

腰痛をおこしているとき、背筋と腹筋のバランスはくずれているんだそう。
ギックリ腰になったのは新宿のコンビニで下の方の段にあったチロルチョコに手を伸ばした時。
外に出てしばらく道の端でお地蔵さんになっていた。 タクシー代の手持ちがなく、冷や汗タラタラ流しながら無理やり歩きものすごく時間かかって家にたどり着いたと思う。 よく覚えていないのだ。 救急車を呼ぶ発想はまったくなかった。
家に帰って寝転んですぐにこの本を開いた。
翌朝はまったく動けず。この本に従い、休みたくないが仕方なくバイトは休んだ。 2日間じっと寝ていたら少し動けるようになり何日か近くの鍼に通ったりもしたが、とてもじゃないがお金が続かない。 自分で治そうと思った。

鍼治療は腰がふわーっ暖かくなったので暖めるのがいいのだと単純に思いお風呂に入った。 湯舟の中にいると全然痛くない。 天国のように思うくらい気持ちいい。 お湯の中ならばすいすい動けるわけだ。ストレスに加え冷えもあるんだなとも思った。
今回は、1ヶ月前にもちょっとぎっくりしていた。 シンセを引っ張り出すのに腕だけで力を入れてしまった。ガキッと音がした (気がする) 足をくじいたような感じだった。
なってるハウスで “Jazzたまご” の日で生徒たちが湿布を買って来てくれ、"I"ちゃんが貼ってくれた。(デブになった腰を見せてしまった)

私は案外楽天的だからか人より治りが早い。 言い方換えれば喉元過ぎれば熱さを忘れる傾向がなくもない。
それでも昔に比べると治癒力が落ちていると思う。 ちょいと寂しいがいろいろと無茶が効かなくなってきた。
湿布を全部使った頃には治った。 完全に治ったと思っていたのに、部屋の片付けの最中に冷蔵庫のの野菜ジュースを取ろうと下段に中腰で手を伸ばした時、8月と同じ腰の右側でグキッと前の2倍の音がした。 (ギックリとも聞こえるが、早く聞こえてグキッ。 体にはギックリという擬音がものすごくあてはまる)
あ~ やったぁとガックリきた。
8月のは警報だったのかもしれない。
今回もすぐに文庫 “からだの救急箱” を開いたというわけです。
今は仰向けに寝て、右足は伸ばしたまま左足を開き内側に曲げているのが気持ちいいです。

う~む4時半にはシンセを出さなければならないぞ。

                                 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

09/08/2008

明日、緊急スタッフ大募集! 9/9 加藤崇之 “エレクトリック渦”@なってるハウス

9月9日(火)入谷・浅草合羽橋 「なってるハウス」   加藤崇之 “エレクトリック渦 ”

                            

加藤崇之(G・effect) 宅 朱美(Key.voice) つのだ健(Dr)

                              

Knuttel  House  Tel 03−3847−2113

                           

☆ “エレクトリック渦” に興味のある Shoomy 生徒の皆さん!加藤さんの生徒の皆さん!この blog 見て下さった皆さん!

昨夜からぎっくり腰? でわたくし Shoomy は体不自由です。 重~いシンセのセッティングを手伝ってくれる方、大募集 !
ボウヤとも言いますが、ジョウヤでも大歓迎。 18:30頃来れる方。 チャージと飲み物は無料。
フリーなんですが、宇宙か? ホラーか? 桃源郷か? SFだが心はアコースティックで打ち込みなしな不思議な音世界… 先着順です。 Shoomy か加藤さんに連絡して下さい。
とにかく、Help me !

                                 

☆イラスト:加藤崇之

        明日、緊急スタッフ大募集! 9/9 加藤崇之“エレクトリック渦”@なってるハウス

| | Comments (2) | TrackBack (0)

09/05/2008

お蕎麦屋さんのハイビスカス

今朝は涼しいのでホッとしたのも束の間、天気予報では今日も30度を超え蒸し暑くなると言う。勘弁して欲しい。

”requiem”ツアーの後、アメリカ・カナダツアーに行ってるコレペペに 「もう帰ったかな?」 とスケジュールの連絡を取ったら今電車の中て 「いまフィラデルフィアからカナダのグエルフに着いたとこ、じぇんじぇん時差ぼけが治りません」 というメールが来た。
楽しんで欲しいが体に気をつけてくれよ~

私も10月始めに短いがParisに演奏しに行く。 もったいないようだがまったく演奏だけで帰って来る。
縁がありゃまた行けるか。

        お蕎麦屋さんのハイビスカス

| | Comments (0)

09/03/2008

晩夏・睡蓮

残暑厳しい。 涼しさが続いていたのでこたえる。 湿気が多くてなおさら。
朝の日差しも変化した。

        晩夏・睡蓮

| | Comments (0) | TrackBack (0)

9/6(土)夢Duo LIVE @Cafe MURIWUI

9月6日(土)祖師谷大蔵 「Cafe MURIWUI」  “夢Duo”

                                                         

宅“Shoomy”朱美(Vo) 加藤崇之(G)

                              

start 19:00 charge 投げ銭制 (千円札~)

カフェ ムリウイ Tel:03-5429-2033

☆祖師ヶ谷大蔵駅より徒歩6分。 改札出て商店街を右へ、左側本屋の3階。

        9/6(土)夢Duo LIVE @Cafe MURIWUI

        9/6(土)夢Duo LIVE @Cafe MURIWUI

        9/6(土)夢Duo LIVE @Cafe MURIWUI

            9/6(土)夢Duo LIVE @Cafe MURIWUI

            ☆お知らせ☆

                        

9月19日(金)~21日(日)
入谷・浅草「なってるハウス」 にて Shoomy 3days あります。
よろしくね!

19日(金) SOL
20日(土) 夢Duo
21日(日) Shoomy bossa novafriends

                                                                

| | Comments (0)

09/01/2008

すっかり秋の空と日差し

                           

        すっかり秋の空と日差し

        すっかり秋の空と日差し
                          

8/31午後4時頃、撮影

| | Comments (0) | TrackBack (0)

白いハイビスカス

流石にバテている。

ツアーからずっと休みなし、もうとっくに “タフ アケミ” ではないのにハードスケジュールで生きている。
"time is money"  なんだか、物々交換的な世界で生きたい。
“とかくこの世は生きにくい” と明治の昔から変わらないのか?
きっとどこかに生きる場所がある。 そこにたどり着いていないのだ。
生きる為にお金を稼いでいるのは、時を浪費することになっている。 納得いかない。
ツアーから帰ってバイトに向かうのが疲れもあり苦痛だったが、バイト先近くのパン屋さんの前、白いハイビスカスから声がかかった気がした。 言葉ではない。
彼女もあんな人混みの中で美しく咲いているのだ。 水をもらったように背筋が伸びた。 ありがとう!
有楽町駅前の赤いハイビスカスは今年も咲いているだろうか?
有楽町駅前の、日比谷公園の、原宿駅前の、神宮前の、池袋東急ハンズ裏の、バイト先で出会った野良猫たちも元気だろうか?

        白いハイビスカス
                           

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2008 | Main | October 2008 »