« パリの空の下 2 | Main | びっくりした猫と鼠の話 »

10/18/2008

パン屋見つけた!

駅前に元からあり気になっていたのだ。 今日初めて買ってみた。 2度ほど中に入ったことがあるのだけれど、出かけ前なので買わずじまい。
いつも前を歩く時間に開いていないのと、開いていても気づかずに通り過ぎてしまうような店構えと色合いのせいもある。
バゲットを見るとバタールとは区別され好みの固さと細さ。 かじるわけにはいかないのでケースの中のソフトフランスも買ってみた。 駅のベンチでソフトフランスをちぎって食べてみた。コンビニにあるのとは比べものにならないほど美味しい。 パリから帰ったばかりのパリシックな私としては “パン屋” でなく “ブーランジュリー” と呼びたい。 パリのバゲットの手触りと食感が忘れられないのだ。

パリ生活が20年近かった養父の影響で、朝食には必ずと言っていいくらいバゲットかクロワッサンがあった。 養父が五反田駅前のビクトリア (後に新しくできたモデルンが多くなった) などでせっせと買って来た。 養父の毎朝はカフェ・オ・レとバゲットかクロワッサン、御徒町のアメ横で仕入れたブルーチーズ、自家製ドレッシングでセロリの葉っぱ、それに目玉焼きやハムがあったりなかったりだった。 私は昔はブルーチーズとセロリは嫌いで食べず、母はセロリを食べなかった。
20年くらい経ってバーで初めて野菜スティックのセロリを見た時はびっくりした。 だいたいほとんどの人はセロリの葉っぱは食べないで捨てると言うのだ。 養父はみんなが食べる部分を捨てていた。

来月からフランスに短期留学する元生徒 (しばし休学なのか?) のKくん曰わく、モンマルトルの教会下のブランジュリーのバゲットが最高だとか。
モンマルトルですって!  近所を歩くみたいな普通の散歩しかしなかった私はセーヌ川とエッフェル塔以外には、モンマルトル、サンジェルマン・デ・プレ、カルチェ・ラタン、マレ地区、ルーブル美術館とか、ポンピドー芸術文化センター、モンパルナス、凱旋門、シャンゼリゼ、… うーんきりがない … 有名な処にはどこにも行ってないのです。
養父が通った "エコール・ノルマル・ド・ミュージック" に行きたかったのだけど、パリに行く前に疲れ果てていたので何の下調べもできず。 パリに着いても買って行った “地球の歩き方” を調べる元気もなし。(地図と地下鉄駅の名と乗り方だけは調べました)
でも、それでよかった。 空っぽになれた!

パンの話に戻ります。 今回のパリで最高に感動したのは、バゲットなのでした。 私にとって家族の味だったことに気づいた。
1本2ユーロしないあのバゲットになんと愛があることか! カフェでは食べ放題、テーブルのバゲットがなくなるとすぐにムッシューが補充にやって来た。(最近ギャルソンとは呼ばないらしい。 そう声かけなくてよかった! アイコンタクトでなんとかなる。)
お金に困っている人でも買えるようにバゲットだけは安いんだと説明を受けた。 ふーむ、これならバゲットだけで何もつけなくても食事になる、何食かにだってなるなんて思った。
うーん、やっぱり愛だ! またひとり感動した私であった。

というわけで、出かけるというのにバゲットを買ってしまい、ずっと紙袋を脇に抱えて歩いた。案外持ち歩けるものだ。 さすがに近所でもないのにパリジェンヌみたいにバゲットそのまま持ち歩きは出来ない。 紙袋の上から感じた手触りは外パリパリ中モチモチで美味しそう、さっきかじってみたら少し固くなってたがやっぱり美味しかった。
店がオープンするのは朝10時からだそうだ。 買って持ち歩くしかないなぁ。

        パン屋見つけた!

|

« パリの空の下 2 | Main | びっくりした猫と鼠の話 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109754/42822337

Listed below are links to weblogs that reference パン屋見つけた!:

« パリの空の下 2 | Main | びっくりした猫と鼠の話 »