« 12/3(水)Shoomy&杉山茂生Duo@国分寺サンジェルマン8世 farewell LIVE | Main | 12/10(水)Shoomy&杉山茂生Duo@六本木 Vanilla Mood LIVE »

12/09/2008

光りさまよう 硝子の湖

blogのつぶやき・日記はいつも携帯からアップしている。だいたい出かけた帰りの電車の中かコーヒーショップからだ。
文が終わらないまま携帯に残っているものがいくつかある。(前の携帯の中にも映画帰りのものがいくつか残っている)11月に書きかけていたものをアップしようとスィッチを入れた。書くって集中力と体力がいる。

『ぶらりと六本木に出た。最近いつも何故だか足が向いてしまう。足が向くだけで必ず行くわけではないが、バイトが終わってから用もないのにもう2回行った。今までは六本木に来るのはヒルズに映画を観に来るか森美術館に来て帰りに青山ブックセンターに寄るというコースだった。
10月初めに東京ミッドタウンに初めて来て気に入ったので月半ば過ぎてぶらりと散歩に行った。サントリー美術館でやっているピカソ展に行きたいのだがオープンしている時間になかなか行けない。ミッドタウン内のソファやベンチで本を読んだりして帰りに24Hスーパーでバゲットを買って帰った。
帰りにふと地上に出てみた。ミッドタウンは防衛庁跡地に建ったのだから防衛庁前にあった“ロブ乃ール”跡はどうなっているかと思ったのだ。そう思ったのも見に行ったのも初めてだった。小さなビルはそのままあったが近くのおいしいラーメン屋“大八”や隣にあったお豆腐屋さんはなかった。お豆腐屋さんのお婆さんの背中はほぼ直角に曲がっていたが、それでも不思議に腕が動いて店先で作業していた。私にはその背中から「私の目の黒いうちは… 」という言葉がいつも聞こえた。
お婆さんが亡くなって店もなくなったのだと思う。
ビルは日曜の夜だったせいで暗かった。近づいてみるとガラスドアが付いてはいるがまったくと言っていいくらい昔のままロブ乃ールの階段がそこにあった。

なぜか怖いものか見ては行けないものでも見たように慌てて逃げてしまった。だってブラックホールのように吸い込まれそうな不思議な暗さだったのだ。』

その暗さに引き寄せられ1週間くらいしてまたミッドタウンに行った。散歩しソファで本を読み終電ぎりぎりにならない時間に地上に出て地下鉄に向かった。
元ロブ乃ール前に立った。地下に降りる階段に照明が点いていて不思議な空気はまったくなかった。写真を撮ろうとしたら後ろから「飲んで行って下さいよ!」と男性の声がかかった。長髪を後ろで結わえ黒いロングエプロンしたバーテンかウェイターが看板を出しタタタッと階段を降りて行った。(長髪を後ろで結わえている男性は色っぽい) この店は深夜営業なのかもしれない。看板には「下町育ちの店」とあり店の名はラテン系だった。
しばらく入口辺りを眺め今度誰か誘って飲みに来てみようと思いながら帰って来た。

あの不思議な空間はあの世とこの世の境目だったのではないか?
“私の前のガラス戸の向こうにぽっかり現れたさまよえる湖”

書きたくてもまだまだ書けないことがいっぱいだ。せつない。


光りさまよう 硝子の湖

光りさまよう 硝子の湖

光りさまよう 硝子の湖

光りさまよう 硝子の湖

光りさまよう 硝子の湖

光りさまよう 硝子の湖

光りさまよう 硝子の湖

携帯から

|

« 12/3(水)Shoomy&杉山茂生Duo@国分寺サンジェルマン8世 farewell LIVE | Main | 12/10(水)Shoomy&杉山茂生Duo@六本木 Vanilla Mood LIVE »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 光りさまよう 硝子の湖:

« 12/3(水)Shoomy&杉山茂生Duo@国分寺サンジェルマン8世 farewell LIVE | Main | 12/10(水)Shoomy&杉山茂生Duo@六本木 Vanilla Mood LIVE »