« 2/2(月)“Shoomy4”LIVE @大塚 ドンファン | Main | 2/4(水)“夢Duo”立春LIVE@日暮里 ポルト »

01/28/2009

スープと緑とジョアン

25日の日曜日、小平市の鷹の台駅前にある「すうぷ屋HYGGE」で“夢Duo”LIVEだった。

お店の色合いはきれいな黄緑、黄色味の少ない薄い緑色。
すぐに浮かんだイメージは観葉植物のアジアンタム、あの小さな柔らかい葉っぱのグリーン、アジアンタムはシダ科、気をつけないとすぐに葉がチリチリになってしまい育てるのがわりと難しいが、バスルームやキッチンに置きたい和む植物だ。

私はたぶん生まれた時から青系がとても好きだが基本的人権のように緑系も好きで、色鉛筆は青と緑だけはかなりな本数持っている。
緑(翠)、碧、浅葱(浅黄)色、鴬色、抹茶色、山葵色、深緑、緑青色… 藍色や銀鼠色も緑系に思える。 日本の伝統的な色。

中学生の頃、ペパーミントグリーンが大好きでおサスペンダー付きスカートとバミューダを持っていて、黒いTシャツと合わせるのが好きだった。

10代後半、深緑が好きな時期があり、母が縫ってくれたベルベットのストンとしたワンピースがお気に入りだった。ベルベットの手触りも好きなのだ。(今は黒のベルベット!)
小学生4年生の時、母が縫ってくれたハーモニカを入れる袋とたて笛入れの袋が深緑だった覚えがある。

30才始めにオーダーメイドしお気に入りだったマーメイド型スカートは濃いオリーヴ色だった。(注文したのはカーキ色だったのだが…)

近年好きなグリーンは抹茶色とグレーがかった薄い鴬色だ。なんという名な緑色か調べてみよう。

LIVE後にご馳走になった具だくさん野菜スープは野菜独特の甘さで、ブロッコリーの濃い緑が鮮やかだった。

BGMにはずっとジョアン・ジルベルトが流れていた。ブラジル国旗の強烈な緑や黄色、アマゾンの原色のようなサンバやブラジル音楽はかからないかもしれない。海を見下ろしながら窓辺や木陰で弾くギター、涼しい風の中で口ずさむボサノヴァ。まどろみ。とは言ってもジョアン・ジルベルトはジャズだと私は思っている。
演奏した2階は親しい人を迎えMinさんのおいしいスープでおもてなしするサロンというイメージだった。
“夢”Duoはゆったりテンポではあるがまったりはしていない。意識はしなかったものの聞き手にも緊張感が伝わるようなやり取りやフリーなアプローチはせずジャズソングもあまり歌わなかった。空間に合わせたと言えるかもしれない。その意味では自由度は低かった。
いつもなってるハウスやピットインで聞いてくれているKくんは雰囲気の違いに面食らっていたよう。(笑)


☆LIVEには赤ちゃん(宗ちゃん)とお父さんの小山大介(G)も聞きに来てくれた。撮影:Shoomy

☆宗ちゃん抱いているのが鷹の台に住んでいたというお母さんの“鳥尾さん”の中島弘恵(P) 写真は昨年秋の撮影:Shoomy

☆夢Duo LIVE中の写真のみ撮影:鈴木 藍

スープと緑とジョアン

スープと緑とジョアン

スープと緑とジョアン

スープと緑とジョアン

スープと緑とジョアン

スープと緑とジョアン


携帯から

|

« 2/2(月)“Shoomy4”LIVE @大塚 ドンファン | Main | 2/4(水)“夢Duo”立春LIVE@日暮里 ポルト »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109754/43881331

Listed below are links to weblogs that reference スープと緑とジョアン:

« 2/2(月)“Shoomy4”LIVE @大塚 ドンファン | Main | 2/4(水)“夢Duo”立春LIVE@日暮里 ポルト »