« March 2009 | Main | May 2009 »

April 2009

04/30/2009

ピュア&カタルシス 「スラムドッグ&ミリオネア」

とにかくエンドロール最後まで観てもらいたい!
私は楽しいのに涙が溢れ止まらなくなった。 楽しくてうれしくてみんなで分かち合いたくなる底抜けの明るさ。
素晴らしい映画だと思った。アカデミー賞取ったからでなく。

ブラジルのストリート・チルドレンを描いた 「シティ・オブ・ゴッド」 を思い出したスピード感。この映画も疾走している。インドにはゆったりしたイメージしかなかったので驚いた。
近代化されたムンバイのビル群とスラムの落差の激しさはそのまま貧富の差なのだ。(ボンベイってムンバイに変わってたんだ?!)

ストーリーはインドの社会で本当に起きているだろう内容で胸が痛む半面、どんなに苛酷な状況でもめげず希望を持ち生き生きとポジティブなスラムの子供たち(悪いことやってますが…)に心揺れ動く。
特に主人公に感情移入し観る者の中にあるだろうあっただろうピュアなものが引き出されるんじゃないかと思った。 私だけではないと思う。
原作 「僕と1ルピーの神様」 を読んでみたくなった。

何年か前に観た実際に戦争を体験したイラクの子供達が出演していた映画 「亀も空を飛ぶ」 と同じく感動したのが子供達のエネルギッシュなたくましさと生きる知恵。 野生動物と言うより都会のビル街に住む野良猫のイメージが重なる。生きるということに対してピュアだ。
そういえば、「亀も空を飛ぶ」 もこの映画と同じく魔術的というかマジックリアリズムな映画だった。

この不景気な時代に夢を与える。 インドではまだカースト制度があるそうで尚更だ。
愛と希望を持つこと、自分を信じてあきらめず頑張ればチャンスは訪れる。
有り得ないようなことが起きる。 愛と希望が神様に届く。

“クイズ&ミリオネア” って番組がほんとにあるそうで、私は知らなかった。
テレビのクイズ番組を見ていて答が全部わかったことが1回だけあった。 番組に出ていたらと興奮した。
宝くじの当選番号を新聞でチェックしたら1等に当たっていたことがある。 よくよく見ると違う宝くじだった。 ちょっとの間両親に当たった当たったと大騒ぎした。

ひとつ思い出したことがある。 何の映画だったか忘れたがインド人が出ていた。 主人公が追われる恋人の身を案じていたようなシーンで、祖母か召使だったかが慌てるな起きることはもう決まっているというようなことを落ち着いて言っていた。 心を乱しても仕方がない。信じて静かに待てということなのだ。
目から鱗だった。 深い~と思った。宗教が根差している。 インド人の神秘的な優雅さの秘密はこれだ! と思ったものだ。
そのイメージからはかけ離れたミュージカルのようなインド映画を敬遠していたのだがちょっと観てみようと思った。
すごくいいなと思った音楽は 「踊るマハラジャ」 の作曲家 A・R・ラフマーン。
映画はなんとインド人しか出てこないが監督はイギリス人のダニー・ボイル。 「トレインスポッティング」 の監督だ!

        ピュア&カタルシス 「スラムドッグ&ミリオネア」

        ピュア&カタルシス 「スラムドッグ&ミリオネア」

                         

携帯から

                        

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/29/2009

4/30(金)加藤崇之 “電脳セッション”@ なってるハウス

4月30日(木)入谷・浅草合羽橋「なってるハウス」  加藤崇之“電脳セッション”

                            

加藤崇之(G)宅“Shoomy”朱美(P・Key・voice)ヒゴ  ヒロシ(B)山本達久(Dr)

                         

        4/30(金)加藤崇之 “電脳セッション”@ なってるハウス

                     

open 19:30  start 20:00
music charge  ¥2000円(drink別)

なってるハウス  Tel:03-3847-2113

                       

    4/30(金)加藤崇之 “電脳セッション”@ なってるハウス

                 

携帯から

                       

| | Comments (0)

04/19/2009

肺を守ろう!

中国からの黄砂飛来が年間500万トンだというショッキングニュース。
桁が違うんじゃないかと目を疑った。 ゴビ砂漠辺りから… こんな数字だと襲撃に近くない? 砂に付着した黴菌などがいっしょに飛んで来る。 しかも中国はまだまだ公害大国。 ニュース見ただけで具合が悪くなりそうだった。 肺の調子が悪いはずだと納得したりする。

私のアレルゲンの第1位は塵埃(ハウスダスト)、これは検査の結果。 食べて死にそうになった蟹ミソとか杉以外の花粉とか他にもあるが、検査の対象にはなかった温度差があきらかにアレルゲンで第2位。 ランキングなんかするな!(笑)

とにかく花粉にしても黄砂にしても温度差にしても、なかなか避けられないわけで、夏目漱石のフレーズ“とかくこの世は生きにくい”が頭に浮かぶ。
ただの感だけど、地上をアスファルトで埋め尽くしているのはよくないと思います。

土の地面を返して下さい!

                                     

携帯から

                                 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

4/23(金)“夢Duo”LIVE@日暮里 ポルト

4月23日(金)日暮里「Bar PORTE」 “夢Duo”

                                    

                    

加藤崇之(G) 宅“Shoomy”朱美(Vo)

                            

    4/23(金)“夢Duo”LIVE@日暮里 ポルト

                             

☆撮りまくった桜はあっという間に散ってしまった。今年は咲き始めが早かったのでゆっくり鑑賞はできた。都内と家の周りで温度差が3~5度あると思う。(家も都内杉並区だけど…笑)

☆家から駅までの道には紅いツツジが少し、駅前はハナミズキが咲き始め、秋葉原駅からHOTまでの道にはピンクや白のツツジがガードレールに沿って咲き揃っていた。

                     

open 19:30 start 20:00

PORTE Tel:03−3891−6444

☆JR日暮里駅南口、右へ徒歩5分。ファミリーマート根岸二丁目店と蕎麦屋「九九九」の間。

    4/23(金)“夢Duo”LIVE@日暮里 ポルト

                        

携帯から

                  

| | Comments (0)

04/16/2009

加藤崇之 Guitar Solo CD 『Last Step To Heaven』

        加藤崇之 Guitar Solo CD『Last Step To Heaven』 CDジャケット絵:加藤崇之

                             

加藤崇之、アコースティック・ギターによる初の SOLO アルバムが4月4日にキタカラレコードから発売開始されました。
LIVEなどで手売りするそうです。

“天国への最後の階段”

私のお気に入りは、ホールでマイクなしで生録音された演奏です。 とても美しく心洗われます。
私にとって「これぞギターの音!」 な音色なのです。
響きの違いは少しあってもいつも夢 Duoで演奏している時に聞こえている音色です。
繊細でありながら強靭、緊張があり癒しもあるという何が起こるかわからない不思議なバランス。 人となりそのまま。 混沌から秩序が生まれるという言葉を思い出しました。

私はジャズだ技術だなんだと分析は苦手。
ただ、初めて音を紡ぐという表現を使いたくなりました。

                                     

携帯から

                              

| | Comments (1) | TrackBack (0)

04/13/2009

小さく小さく春爛漫

携帯Yahoo!ニュースの楽しみのひとつは花情報。
携帯で見る小さな写真でも目を閉じて想像し飛んで行き季節の花を満喫することができる。とりわけ春はうれしい。
各新聞雑誌のカメラマンの方々、お疲れ様です。ありがとう!

     小さく小さく春爛漫

兵庫県淡路市の巨大な花畑「あわじ花さじき」で、菜の花と紫花菜が見ごろを迎え、鮮やかなコントラストを描いているというニュース。
淡路島北部の丘陵にある約15ヘクタールの花畑からは明石海峡大橋や大阪湾が一望できるそう。
菜の花は約100万本、紫花菜は約6万本あり、互いに競い合うかのように咲き誇っているそう。見ごろは20日ごろまでとか。

          小さく小さく春爛漫

約1450ヘクタールの桃畑が広がる山梨県笛吹市「八代ふるさと公園」では、約40万本の桃の花が満開というニュース。
桃の収穫量日本一を誇る山梨県では、7月に収穫期を迎えるそう。
花見客のために桃畑を開放する農家もあり、訪れた観光客は残雪の南アルプスの山並みを背景に、一面をピンク色に染め上げる桃の花見を楽しんでいるそう。見ごろは12日頃までとか。昨日でしたか…

        小さく小さく春爛漫

岐阜県下呂市の「苗代桜」が満開を迎え、ライトアップされた桜が田植え前の水田に映し出されているというニュース。
「苗代桜」は高さ約30メートルと25メートルの2本の桜で樹齢は約400年。花見に訪れた人々は桜の姿に酔いしれているそう。 見ごろはいつまで?たぶん終わってそうです。

          小さく小さく春爛漫

日本三大桜の一つで樹齢1500以上を誇る岐阜県本巣市の淡墨桜が満開となり、多くの観光客の目を楽しませているというニュース。
薄墨桜は高さ約16メートル、幹回りは約10メートルあるエドヒガンザクラの巨木で、国の天然記念物に指定されているそう。
開花時には艶のある白い花びらが、散り際には淡墨色になることから淡墨桜と名付けられたそう。12日頃までが見ごろ。やはり昨日でしたか…

                 

携帯から

                      

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/12/2009

春は朧

昔、祖母に朧月夜の翌日は雨が降ると教わった。

朧(おぼろ)とはぼんやり霞んでいるさまだが、辞書ネットしてみたら、朧月は春の夜の月で、水蒸気に包まれてぼんやり見えるらしい。だから雨が降るのかなんて今さら思った。翌日が雨になるってのは春限定だろうか?

雨が降りそうだった日の前の日の夜に撮影したことになる。4月に入って雨が降ったのはいつだったか?
私の頭もおぼろげ。

        春は朧

        春は朧

        春は朧

        春は朧

        春は朧

        春は朧

                       

携帯から

                          

| | Comments (0) | TrackBack (0)

4/12(日)Impromptu Session“koekotobautukaiten” @新井薬師前 Special Colors

4月12日(日) 新井薬師前「Art Live Space Special Colors」

                       

村田直哉 session “koekotobautukaiten”

                             

《 Improvisor 》

voice,effect.......宅“Shoomy" 朱美
rap,poetly.........YUUKI NOSIGHT(畠中雄城)
percussion,effect..Marcos Fernandes
turntable..........村田直哉

                      

open19:00 / start19:30
charge ¥2000~(drink込)

Special Colors Tel:03-6425-7830(イベント当日のみ問い合わせOK)

                         

http://specialcolors.jp/special-colorsei/ 

                              

中野区新井5-9-1 アーバンハイム津島B1

☆西武新宿線、新井薬師前駅から徒歩3分。
または、JR中央線、中野駅から徒歩13分。
整体院のあるビルの地下1階です。

                             

☆turntable の村田くんからは去年2度 SHOOMIX のようなのをやりたいとのお誘い受けましたが、重たい機材を運びセッティングして最低でも45分ノンストップリアルタイム集中スピード勝負な世界を2ステージ、やる元気のようなものがなくてご一緒できませんでした。
重低音と爆音とまではいかなくても大音量とある種の空間が必要なので箱探しも難しく、LIVEハウス“B”でできなくなり“P”がなくなってからは休止状態。

                         
(※SHOOMIX とは、dance rhythm から noise まで Drum'Bass 風 SF映画サントラ風 rhythm コラージュ。踊れないでしょな rhythmで みんなひとりひとりでインナーに踊ってよ天国から奈落まで落ちてみてよなコンセプトでもあり)

2年前くらいから何人かの若いミュージシャンからシンセサイザー運びますから SHOOMIX やって下さいと声がかかり少し元気や勇気が出ました。ありがとう。
laptop とノイズギターのケリー(Kelly Churko)と演奏してた頃、ほんとにお客さんいなかったんです。

明日は、(って、もう明けてます!)voice で呼ばれてます。SHOOMIX で使っているエフェクターを1台持って行ってみることにしました。どうなるんだろか? 持って行っても使わなかったりマイクを用意していてもvoice を発声しなかったりする私です。
村田くんとは昨年末にちょっとだけ共演したけれど、畠中さんとマルコスさんは初めて。
あ~ いつも空っぽです。ドキドキ。

                   

携帯から

                       

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/11/2009

飯田橋と御茶ノ水駅・桜

いつもは乗換駅で通り過ぎるが、たまに映画を見に降りる飯田橋駅。好きな映画館と喫茶店とカフェがあるのです。(喫茶店は神楽坂に入りますが)
駅前の橋には牛込見附と刻んであった。好きな CANAL Cafe が桜の向こうに見える。クリスマスの頃に行って以来来ていない。そろそろデッキでコーヒーが気持ちいいだろうな。お花見で混んでいるかもしれない。

御茶ノ水駅フォームでドアの開閉の間にすばやくフォームで撮影。聖橋か?

岐阜の薄墨桜が咲いたというニュースを見た。ソメイヨシノが終われば豪華な八重桜が咲く。塩漬けにする花は濃いピンクの色合いから八重桜がいいそうだが、どこかでひんしゅくを買わずに摘めないものか?

散って来た花を拾ってきました。優しく持たないと手の中で花びらが散ってしまいます。

        飯田橋と御茶ノ水駅・桜

          飯田橋と御茶ノ水駅・桜

        飯田橋と御茶ノ水駅・桜

        飯田橋と御茶ノ水駅・桜

        飯田橋と御茶ノ水駅・桜

        飯田橋と御茶ノ水駅・桜

        飯田橋と御茶ノ水駅・桜

        飯田橋と御茶ノ水駅・桜

                   

携帯から

                            

| | Comments (0) | TrackBack (0)

神宮前のすみれと猫

菫(すみれ)という名は、花の形が大工さんが持つ墨入れ(墨壺 )に似ているところからだという。
相撲取り草とも言うらしい。そういえば、お相撲さんの頭みたいな形の花がある。

今日は神宮外苑前「Z・imagine」でLIVEだったので、去年の今頃バイトで通っていたビル近くのお寺でスミレと野良猫に会って来た。

ギターの加藤崇之にお墓の周りにきっとスミレがいるよと言うと寄ってくれた。
去年の場所にはいなかったが、ポツリ、ポツリ、ポツリと次々にコンクリートのすき間から健気に咲いていた。加藤さんは同じ場所に咲かないんだよと言っていた。
そうだったかもしれない。母が毎年2鉢いっぱいにきれいな濃紫色のスミレをベランダで咲かせていたのでそんなことすっかり忘れていた。

野良猫は2匹と再会。日が長くなっているのでまだ昼寝していた。天気のいい日はここでお弁当を食べて猫と遊んでいた。
近くに緑があったり野良猫がいるバイト先がいいな。昼休みに通う憩いの場。

          神宮前のすみれと猫

          神宮前のすみれと猫

          神宮前のすみれと猫

          神宮前のすみれと猫

          神宮前のすみれと猫

          神宮前のすみれと猫

          神宮前のすみれと猫

          神宮前のすみれと猫

          神宮前のすみれと猫

          神宮前のすみれと猫

                       

携帯から

                                      

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ヤンヤン爛漫 春爛漫

差し込む光が気持ちいい季節。
ヤンヤンはうれしい。道ゆく車のミラーや手鏡の反射を見つけるとまったりしていても関係ない。ミャミャミャとすっ飛んでゆく春の午後。

          ヤンヤン爛漫 春爛漫

          ヤンヤン爛漫 春爛漫

          ヤンヤン爛漫 春爛漫

          ヤンヤン爛漫 春爛漫

                          

携帯から

                                   

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/10/2009

4/10(金)“夢Duo”LIVE@Z・Imagine

4月10日(金)神宮前「Z・Imagine」 “夢Duo”

                  

                

加藤崇之(G) 宅“Shoomy”朱美(Vo)

                             

☆ピアノ弾くかもしれません。Maybe.

☆やっと春爛漫!
寒い日が続き、桜が咲いていいのかどうかわからないみたいでなかなかパッと満開にならなかったですね。長持ちしてる感じですが、少しずつ散るのではなく、やっぱり桜吹雪を見たいです。

    4/10(金)“夢Duo”LIVE@Z・Imagine
撮影:石倉麻夕

                     

open 19:00 start 19:30
charge ¥2300(drink別)

ジマジン  Tel:03−3796−6757

港区北青山2-7-17青山鈴越ビルB1F

       4/10(金)“夢Duo”LIVE@Z・Imagine

☆東京メトロ銀座線外苑前駅、神宮球場方面2番・3番出口を出てすぐ。(ファーストキッチンのB1F)

              

携帯から

                

| | Comments (0)

桜・さくら・SAKURA 4

4月4日撮影

好きな夜桜。
家から歩いてすぐの所に区保存認定の桜の木があるのはラッキー。2軒のお屋敷の庭にある。古い木の門構えのお屋敷には3本くらいある。
一瞬時代劇の中にいるような雰囲気を味わうが、標識を見て我に返る。

        桜・さくら・SAKURA 4

        桜・さくら・SAKURA 4

        桜・さくら・SAKURA 4

        桜・さくら・SAKURA 4

        桜・さくら・SAKURA 4

        桜・さくら・SAKURA 4

        桜・さくら・SAKURA 4

                   

携帯から

                   

| | Comments (0)

04/07/2009

モコモコブーツはもういらない

暖かく(※あったかくを変換してもこうなる)なってダウンからGジャンに替えたが夜はそれでは寒い。しかし、ダウンでは電車やビルの中で汗まみれになる。
半袖Tシャツにダウンくらいが適当なのかも。
冬はほぼこんな格好して歩いてました。年甲斐もなくこんなモコモコブーツはいて若い女の子や男の子に「かわい~い」と言われていたのです。

そういえば、「Kawaii」 は世界で通用する日本語だとか。

                              

        モコモコブーツはもういらない
撮影:by myself

                        

携帯から

                            

| | Comments (0)

04/06/2009

桜・さくら・SAKURA 3

4月4日撮影

毎日通る近くの公園。
白い花びらの木が1本と淡紅色の花びらの木が3本。
毎年白い花びらが一番に咲き一番背が高い桜が最後に咲く。
ホワイトバランスを変えて撮ってみたら花びらと葉の色合いが桜餅の“道明寺”のようになった。 写真で塩漬けにしたみたいだ。

太い木の固い皮から若く柔らかい茎というか幹が出ている。コンクリートから生え出る雑草を思い出した。いつも気力を与えてくれる。
妖しく艶やかな夜桜とは対称的な姿。

        桜・さくら・SAKURA  3

        桜・さくら・SAKURA  3

        桜・さくら・SAKURA  3

        桜・さくら・SAKURA  3

        桜・さくら・SAKURA  3

        桜・さくら・SAKURA  3

        桜・さくら・SAKURA  3

        桜・さくら・SAKURA  3

        桜・さくら・SAKURA  3

    桜・さくら・SAKURA  3

                 

携帯から

                            

| | Comments (0) | TrackBack (0)

桜・さくら・SAKURA 2

4月4日撮影

自宅のすぐそば

桜は曇りがよいと思う感覚の人達がいると友人のblogに書かれていた。 私も仲間かもしれない。
曇り空と桜のピンクの色合いが好きだ。洋服ではTシャツやカットソーに選ぶことがある。

晴れた水色の空と薄い桜色もきれいで好きだ。見物客が多すぎるので派手に感じてしまう。洋服ならば合わせない、着物生地の物ならば選ぶだろう色合い。

一番好きなのは夜桜かもしれない。妖しくて狂いそうで危ないが…
桜の周りは時が止まる。
洋服も着物生地も黒に桜色はめったに着ないが好きな色合い。

桜吹雪のトンネル中を裸で通り抜ける。先には何もない。白い光だけ。

        桜・さくら・SAKURA  2

        桜・さくら・SAKURA  2

        桜・さくら・SAKURA  2

        桜・さくら・SAKURA  2

        桜・さくら・SAKURA  2

        桜・さくら・SAKURA  2

        桜・さくら・SAKURA  2

        桜・さくら・SAKURA  2

        桜・さくら・SAKURA  2

        桜・さくら・SAKURA  2

                       

携帯から

                             

| | Comments (0) | TrackBack (0)

桜・さくら・SAKURA

3月30日撮影

やっと咲いた 白い花びら
朝日の中 近くの公園にて
急ぎ足 カシャッと1枚だけ

    桜・さくら・SAKURA

                       

携帯から

                     

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2009 | Main | May 2009 »