« もーもーさんの「うし展」@アトリエ・ハコ | Main | 「アカシア」のロールキャベツ »

05/03/2009

春の皿には苦味を盛れ

昔の人の知恵。
苦味って山菜のことだ。
子供の頃に育った祖母の家の裏庭には蕗(フキ)がたくさんあった。子供の頃はフキが大っ嫌いだったが大人になってから好きになった。
あのほろ苦さが咳や喘息、花粉症の予防に良いと言われており、鼻づまりがなくなりすっとするそう。身近にあった土筆(ツクシ)もよく効くんだそう。食べた記憶はあまりない。

フキノトウの煎じ薬がよいと本で読んだ。(おばあちゃんの歳時記)
作り方はフキノトウを陰干しにして、20グラムに対し水400CCの割合で鍋で半分の量になるまで煎じると書いてあった。
そういえば、祖母の …

この文は3月の終わりか4月の頭くらいに書いたまま携帯の未送信ボックスに入っていたもの。
「そういえば、祖母の…」の後に何を書こうとしていたのだろうか? もう忘れて思い出せない。
季節はずれになる前にとアップした。思い出したら付け足すことにしよう。

                    

携帯から

               

|

« もーもーさんの「うし展」@アトリエ・ハコ | Main | 「アカシア」のロールキャベツ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 春の皿には苦味を盛れ:

« もーもーさんの「うし展」@アトリエ・ハコ | Main | 「アカシア」のロールキャベツ »