« 花屋さんと魚屋さん | Main | Ivan Lins presents「上を向いて歩こう」 »

03/23/2011

辺見 庸(日経新聞・南日本新聞より)

3/21 日経新聞より

http://livedoor.blogimg.jp/nitiniti851/imgs/1/6/16011116.jpg


「ふるさとの消失が、人にどんな感情を与えるのか、多くの人が感じて欲しい。
「わたしの感官のあらかたをこしらえたところ」が、なくなってしまうのだ。
「記憶のあかしがごそっとさらわれて、記憶そのものはひとりとりのこされ」るのだ。

想像力は、とても大事な力だ。
ちょっと立ち止まって想像してもらえれば、多くの人が思いやりに満ちた言葉がかけられるはず。 」


3/23 鹿児島の南日本新聞より

「わたしはすでに予感している。非常事態下で正当化されるであろう怪しげなものを。
あぶない集団的エモーションのもりあがり。たとえぱ全体主義。個をおしのけ例外をみとめない狭隘な団結。歴史がそれをおしえている。
非常事態の名の下で看過される不条理に、素裸の個として異議をとなえるのも、倫理の根源からみちびかれるひとの誠実のあかしである。」

☆辺見さんへ
元気? 体は大丈夫?
これを見ることはないかもしれないけど、ずっと心配しているんだよ。
あけみ


☆加藤順子さんブログ よりここ!
石巻から。東北地方太平洋沖地震/:「この津波被害をちゃんと記録して欲しい」

Chttp://bit.ly/g08lFl

|

« 花屋さんと魚屋さん | Main | Ivan Lins presents「上を向いて歩こう」 »

Comments

鋭い。

Posted by: | 03/23/2011 10:31 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 辺見 庸(日経新聞・南日本新聞より):

« 花屋さんと魚屋さん | Main | Ivan Lins presents「上を向いて歩こう」 »