01/19/2015

猫の寝言

猫のヤンヤンの唸り声が聞こえた。私以外誰もいないのに。
どこにいるのかと探しヤンヤン・ハウスを覗き込むとぐっすり寝ていた。猫か何かに出会った夢見てるに違いない。
どうしたのと頭をさすったら薄目をあけ安心したようなか細い声を出した。
しばらくしてハウスから出て来て膝の上。
私が動き回っている時はだいたいハウスの中で寝ている。

| | Comments (0)

04/21/2010

YanYan そろそろ9才? えっ10才?

YanYan そろそろ9才? えっ10才?

                                                                     
昔から温度差アレルギーの私にはきつい毎日、身体が体を休ませようとするのか異常に眠く「春眠暁を覚えず」なんて言葉ではすまされない「しゅうみい暁を覚えず」状態。
一昨年の肺炎以来弱ってしまった“タフアケミ"の肺は冷たくもやもや気持ち悪くなってしまう。
喘息状態にはならずただただ眠り込んでいる。寝ないと耳鳴りに襲われる。

YanYanは飽きもせずいつも寝子になって寝ている私にくっついて寝ている。
たぶん、心配そうだったり守っているようではないので私の具合は大丈夫なんだと思う。
トイレに立つと必ずバスルームまで付いて来る。バスタブの中に飛び込み遊んでもらうのを待っている。
遊ぶ前に歯磨きする癖をつけてあるので洗面台に飛び乗る。ぬるま湯を出し指で軽く歯を洗ってやると気持ちよさそうにしている。ご機嫌なときは歯ブラシで軽く優しく。(柔らかい歯ブラシを使い古しもっと柔らかくなった状態、指をこすっても痛くないのを確認する必要あり)
何も悪いことされないことはわかっていても口を開かれるのは嫌がるので奥歯磨きはちょっとしかできないので毎日ちょこちょこやるのがベター。老猫の歯石からくる腎臓病予防になる。歯石で痛くて食べられなくなる。老猫になってまして弱ってからの麻酔は無理だから予防が一番。甘噛みされたりして臭いなんてことはなくなる。
友人宅では歯磨きを催促するそう。そこまでは躾られなかった。始めるのが遅かったから。子猫時代がベスト。

極たまによっぽど眠たかったのかベッドから離れずトイレから戻るのを待っていることもある。

まったく手のかからない猫だ。留守番させても遊んでくれないと拗ねることもない。独り遊びが上手な猫なのだ。いつも何かで遊んだ形跡がある。

ご飯は食べ過ぎるということがなく遊んではちょこちょこ寝てはちょこちょこ出窓から外を見てはちょこちょこ私が何を食べているか確認してちょこちょこと食べている。

トイレが汚れると「あの~ トイレ汚れてるんだけど~」という感じで鳴く。こちらが申し訳ないと思うくらい我慢できなかったんだなという状態で「ごめんごめん」となる。「掃除してよ!」なんてのはめったにない。

長電話だけは文句言う。(年に数回のことですが)

ごめん、YanYan 拾われてから何年か数えなきゃ… 忘れちゃった。手帳調べる。

インプロネコ集会Vol.7のチラシ作成のため早起き。今日のVol.6で配りたいから。
3時半に起きて朝5時までやってる駅前の漫画喫茶に行きプリントしあとは手作業でできあがった。
いまだに貼付けレイアウト(笑)プリンターなんとかしなきゃとか思うこともあるが、貼り絵とか手作業好きなのだ。

さてYanYanとちょっと寝よう。

                            

| | Comments (2) | TrackBack (0)

12/07/2009

ヤンヤンの声 (動画)

セラピネコYanYan 更新しました。

                   

http://shoomy.air-nifty.com/cat/

                          

サイドバー my room からもリンクしています。

                                       

| | Comments (0)

12/01/2009

おいしい水(動画)

セラピネコYanYan 更新しました。

                        

http://shoomy.air-nifty.com/cat/

                   
サイドバー my room からリンクしています。

                          

|

11/30/2009

布団の中が一番

セラピネコYanYan 更新しました。

http://shoomy.air-nifty.com/cat/
サイドバー my roomからリンクしています。

|

08/07/2009

アプリでヤンヤン写真を加工してみた

アプリでヤンヤン写真を加工してみた
生まれた年にアケタの店の鍵盤にて。

演奏中はじっと友人の膝の上に座ってました。
演奏後に行った飲み屋ではずっと私の膝の上におとなしく座ってました。
それが今は外に出るとギャーギャーとパニックします。電車は無理。
車も平気だったのに…
ずっと連れて歩くべきだった。
ゆっくり慣らすしかありませんね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/11/2009

ヤンヤン爛漫 春爛漫

差し込む光が気持ちいい季節。
ヤンヤンはうれしい。道ゆく車のミラーや手鏡の反射を見つけるとまったりしていても関係ない。ミャミャミャとすっ飛んでゆく春の午後。

          ヤンヤン爛漫 春爛漫

          ヤンヤン爛漫 春爛漫

          ヤンヤン爛漫 春爛漫

          ヤンヤン爛漫 春爛漫

                          

携帯から

                                   

| | Comments (0) | TrackBack (0)

09/17/2008

おかえり~ ヤンヤン

忙しかったり腰を痛めてなかなか迎えに行けなかったが、今日がまったく何もない休みだったので昨夜迎えに行った。

今みたいに疲れる毎日こそセラピネコ・ヤンヤンが必要だと今さら気づき、S家は二人とも仕事の帰りが遅い日なのだが、どうしても迎えに行こうと決めたのだ。

7時にバイトが終わってから映画を観て時間をつぶしM子が帰る時間にS家へ行った。 抹茶カステラを食べながら久し振りにゆっくり話した。 見かけは華奢だが肝っ玉は太い。 世の中に案外少ない自立できている人だ。
Sも自由な精神の持ち主で窮屈なこの世でしっかり楽しんで生きている人だ。
深夜2時過ぎにSが帰って来て3人で話し、いつもはタクシーを呼んでヤンヤンを連れて帰るのだが、「泊まって行けば」 「明日車で送ってあげるよ」 の言葉に甘えた。

まったく保養所に行ったようだった。 実家や親戚があった頃に味わっていた感覚だ。
この夫婦の家には人が集まる。 持つならこんな家庭を持ちたかった。 自然に音楽が生まれてくる家だ。 ちょうどM子の札幌の両親から今はまっているという手作りの干物やニシンの入った漬け物・すじこが送られて来ていて食べさせてもらった。 めちゃくちゃ美味しかった。
一宿一飯のお礼に? Shoomy流ボイストレーニングをして遊んで来た。 こういう物々交換的な生活がしたい。

ヤンヤンは去年のことを覚えていたので、カンタと前よりも仲良くなれた。 猫キスも目撃したし私に助けも求めずカンタと遊んでいた。 近づくとスルッとかわして逃げる。 キャリングケースに入れられ車で運ばれるのが嫌だから。 迎えに来たのがわかっているのだ。
子猫の頃は外も車も平気な猫だったのに、外を怖がるようになってしまった。 もっと連れ出して慣れさせておけばよかったと後悔。
10月頭にパリに行くのでヤンヤンをまた預かってもらう。 またカンタと猫コミュニケーションできる。
腰が治ったら自転車を買ってキャリングケース背負って時々連れて行こう。(私が使っているのはリュック型なのだ)

私の保養所でもあるのだから。
できれば遠くに引っ越さないで欲しいなと思う。

        おかえり〜 ヤンヤン

        おかえり〜 ヤンヤン

| | Comments (1)

09/12/2008

ヤンヤンからのメール 2

わかったよ。
私はカンタと遊んで待っているよ。 
早く体を治してね。 ヤンヤンより

ヤンヤンにぎっくり腰で迎えに行けなくなったことと、休めないスケジュールでまだすぐには迎えに行けないとメール返信したら、「事情はヤンヤンに話しておいたよ」 とM子からのコメント入りの写真メール。
写真のヤンヤンの様子は少し安心し納得したように見える。 ゴロニャンあいさつだ!  いつも 「おかえり~」 はこれだ。

しかし、今日はまいった。 秋葉原からホットまで行きも帰りもタクシーに乗ったけれど、それでも家に帰り着くのに時間はかかるし体中が痛い。
去年のぎっくり腰とは症状が違う。 今回は右腰にというか右腰の骨 (骨盤?) にきている。 ネジが外れたかのよう。
ヤンヤンのように柔らかくしなやかでいたいなぁ。

      ヤンヤンからのメール 2

| | Comments (0)

ヤンヤンからのメール

ヤンヤンより
大丈夫?

M子からとわかっていても涙が出るくらいうれしかった。
写真を撮りながら彼女はヤンヤンに話しかけたのだろう。 ヤンヤンは心配そうな顔をしているような気もする。
淋しいがまだすぐには会えない。
いつもヤンヤンにたくさん愛をもらっているんだとつくづく思う。
早く治すぞ!
でもこの際、カンタとの猫同士のつき合い進展して欲しい。 私たち人間では味わえないスキンシップがあるんだよ。 カンタもそれを知らない。 あんたがもっと心を開けばカンタは素敵なナイトだよ。

おやすみ、ヤンヤン!

      ヤンヤンからのメール

| | Comments (1)